【初心者に優しい原付2種講座】ナンバープレートの取得方法って?費用ゼロ??編

初心者に優しい原付2種講座

ナンバープレートって購入したお店登録してくれるの?

自分でやる事は出来ないかな?

そうですね。ご自身でも出来ますし、販売店でもやってくれますよ

他人から譲り受けた場合にはどうすればいいのかな?

そうですね。その場合は自分で行うのが一般的です

では今回はナンバープレート取得に付いて纏めてみました。

ぜひ参考にしてくださいね

★原付2種のナンバープレート取得に付いて★

原付2種は車検がありませんので、基本的に陸運局などに行く必要がありません。よって最寄りの市区町村役場へ行って手続きを完了できます。
ケースによって色んなパターンがありますので↓に纏めましたので、参考にしてください。

●新車を販売店から購入した場合●
基本的に販売店から購入した場合には販売店がやってくれるケースがほとんどです
ただし、経費として費用が発生するお店もありますので、そこは要確認です。
納車までに費用と書類を記入すればあとは販売店さんがやってくれますので簡単です!!
ただまれにご自分で登録してくださいという販売店さんや費用を抑える為自分で登録をしてもいいよと言ってくれる販売店さんもありますので、その際はご自身でやって頂く必要があります。
その際に必要な書類は以下の通りです
・販売証明書
・印鑑
・本人確認書類(免許証などの身分証)
※販売証明書は販売店が発行してくれます。文字通り販売しましたという証明書です。
 これら3点を前もって準備された上でお住いの役所の税制課という窓口に行き、窓口にある「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」に記入して提出したら、登録完了です。
なお「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」は最近では各自治体のHPでダウンロード出来る所が増えてきていますので、出来れば事前に調べてダウンロードし記入した上で持参するとより早く手続きできます。
と、ここまで早ければ10分で登録完了し、ナンバープレートが取得できます。
また登録に掛かる費用は0円です。
これを販売店さんなどに依頼すると登録手数料として5,000~10,000円程の費用が発生します。
登録のやり方は簡単なので、是非ご自身でやった方がいいです!!

●廃車(ナンバープレート無)を他人から譲り受けた場合●
このケースは基本的に自分で切り替えをするのが一般的です。中古車を販売店さんから購入した場合は↑の新車で購入したケースを参考にして頂ければ大丈夫です。今回は個人的に中古車を譲り受けた場合に付いて場合についてお話します。
ご自身が最寄りの役所に持参する書類は以下の3点です
・廃車証明書
・印鑑
・本人確認書類(免許証などの身分証)
この場合で違うのは「廃車証明書」が必要であるという点です。この証明書は文字通り、この車両は廃車ですと証明する書類です。決まった書式はありませんので、ネットでフリーのテンプレートサイトから拾って作成するのがいいと思います。
これら3点を前もって準備された上でお住いの役所の税制課という窓口に行き、窓口にある「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」に記入して提出したら、登録完了です。と書類の処理や流れは新車と同じになります。
こちらも早ければ10分で登録完了し、ナンバープレートが取得できます。また費用も0円です。

●廃車していない車両(ナンバープレートあり)を他人から譲り受けた場合●
この場合は厳密言うと「名義変更」になります。いずれにせよ以下の書類を持って最寄りのお住いの役所へ行く事になります。また必要な書類は以下の通りになります。
 ・今付いているナンバープレート
・譲渡証明書
・印鑑
・本人確認書類(免許証などの身分証)
このケースで重要なのが「今付いているナンバープレート」を持参する事です。これら4つのモノを持って最寄りの役所へいき、あとは上のケース同様に「軽自動車税申告(報告)書兼標識交付申請書」に記入して提出したら登録完了です。これで新たなナンバープレートが発行されます。

この3パターンが原付2種のナンバープレート取得方法になります。上に当てはまらない時の取得方法については、まず最寄りの役所へ一度相談されるのが無難だと思います。とにかく正しい手続きで登録する事が重要です。

また役所によってはフレームナンバーの写し(石刷り)が必要になりますので、事前に最寄りの役所のHPなどで確認する様にしましょう。フレームナンバーの写しはフレームに刻印されている車体番号の写しの事です。車体番号はメーカーによって記載箇所がまちまちですので、ご自身でよく調べてみてください。
あと気を付けないといけないのは、役所で登録できるのは原付2種までのクラスであるという事だけです。それ以上の排気量のバイクは車検も絡み、管轄も異なりますので、まず業者さんに依頼する様にしましょう!!

まとめ
原付2種のナンバープレート取得は簡単です。
自分で行えば費用も発生しませんので是非チャレンジしましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました