【原付2種車種別解説講座】HONDA GROM

4.0
原付2種車種別解説講座

★誰にも似ていない、誰にも真似できない。★

本田技研工業㈱HPより

メーカー名 HONDA
全長×全幅×全高 1755×730×1000mm
ホイールベース 1200mm
シート高 760mm
車両重量 104kg
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.4×57.9mm
圧縮比 9.3
最高出力 9.8PS/7000rpm
最大トルク 1.1kg-m/5250rpm
燃料供給方式 PGM-F1
最大燃料タンク容量 5.7L
キャスター角/トレール 25度/81mm
変速形式 4速リターン
ブレーキ形式 前・後 ディスク ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70-12・130/70-12
メーカー希望価格 351,000円

グロムは最近の原付2種でのスクーターが主流の中貴重なラインディング技術を習得できるエントリークラスのバイクです。スロットワークに加え、クラッチとシフト操作を連携させ、回転数によって変わるエンジンパワーを状況に応じて使うスポーツライディングが出来るのがグロムです。マニュアルクラッチと4速ミッションを備え、パワー特性は穏やかなので練習にはうってつけの特性を兼ね備えています。これはコミューターとしての乗り易さを求めた結果でもあります。
小柄な車体+前後12インチの小径ホイールで市街地から舗装林道まで安定した走行が可能。
これはメイン市場のアジア市場を見据えたセッティングで荒れた舗装林道でも不安なく走行可能です。また穏やかなハンドリングは初心者にとってもとても安心できるものとなっています。
ただ、目いっぱい飛ばすと前後サスペンションががたつくので、小径ホイールのネガティブな部分が露呈します。速度に伴ってホイールベースの短さに起因する突き上げ感も強まるので、快適に走行できるは70km/h程度ですが、原付2種であれば問題ありません。
エンジンはカブ系の発展版である水平シリンダーの空冷単気筒エンジンはフラットな特性で、タコメーターも必要ない程。高回転でパワーが盛り上がる特性ではないので、早めのシフトアップが効率的。5,6速までは必要ない印象。
先代モデルとの違いは外装デザインとハンドル・シートの変更に伴うラインディングポジションの変更くらいで、パワーやハンドリング特性は踏襲されています。この事はグロムがいかに世界戦略車として完成度が高った事を物語っている証でもあります。
スポーツモデルとミニバイクの中間的な性格。実用からミニバイクレースと幅広い用途に使えるグロムはカスタムパーツも豊富でオートバイ入門にはぴったりの1台となっています。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
オンオフどちらも走行可能
バイク初心者向け

短所)
中途半端な位置づけ

まとめ
HONDA GROMは初心者向けバイク、これからバイクを始めようとする人は買い!

コメント

  1. […] SUZUKIが誇るネイキッドスポーツGSX-Sシリーズの末弟で、125ccの世界では貴重なフルサイズスポーツモデルです。125ccにもグロムやZといったマニュアル車がありますが、両車共乗り易さを最優先した穏やかな特性のエンジンにワイドレシオの4速ミッションという組み合わせかつ前後に小径ホイールを採用したミニバイクの位置づけでパワーとハンドリング性能をきっちりと引き出して走るようなバイクではありませんが、GSX-S125ABSは15馬力を発生するエンジンに6速ミッション・前後17インチホイールという本格的なパッケージングのバイクとなっており、走りの質が大きく異なります。 車体サイズは250より一回り以上小さいですが、ポジションさに窮屈さはありません。むしろ上体を起こしたり、タンク上に伏せる事がスムーズに行え、前後タイヤへの荷重コントロールを身に付けやすくなっています。サスペンションの動きやタイヤのグリップ状態が明確に伝わってくるのもhるサイズの車体の恩恵です。 エンジン特性は高回転・高出力型の典型的なスポーティなエンジンとなっており、鋭くダッシュするにはしっかりと回転を挙げて効率的な半クラッチ操作を行う必要があります。またダイレクトなスロットルレスポンスを得るには的確なギア選択」と素早いシフト操作で7000回転以上を保つ必要があります。 扱いやすさと引き換えにぬるい特性になっているエンジンとは異なり、スロットルワークとシフト、クラッチ操作を連携させパワーを引き出して走る面白さを感じれるのが魅力です。ただ低中回転域も思いのほかフレキシブルでコミューター適性はある程度ありますが、やはり7000~11000回転あたりでガンガン回してパワーエンドを実感しながら走るのがこのモデルの特徴です。 ハンドリングは爽快なエンジンとは対照的にどちらと言えば安定志向で、アジア圏での路面状況も考慮された味付けかもしれません。 ギャップ通過時の衝撃吸収性が高く、寝かし始めからフルバンクまでの旋回性も一定しているので安心してコーナーリングが可能です。また前後ブレーキ効力のバランスも良く標準装備のABSの介入タイミング違和感がありません。 走る楽しさを凝縮した本格的なスポーティモデルとなっています。 […]

タイトルとURLをコピーしました