【原付2種車種別解説講座】KTM 125DUKE

原付2種車種別解説講座

★完成度の高いストリートファイター★
ORANGE

KTMジャパンHPより

メーカー名 KTM
全長×全幅×全高 NA
ホイールベース 1375mm±15.5mm
シート高 830mm
車両重量 137kg
エンジン形式 空冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量 124.7cc
ボア×ストローク 58×47.2mm
圧縮比 12.8
最高出力 15PS/10000rpm
最大トルク 1.2kg-m/7500rpm
燃料供給方式 EF1
最大燃料タンク容量 13.4L
キャスター角/トレール NA
変速形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ300mmディスク・φ230mmディスク
タイヤサイズ 前・後 110/70ZR-17・150/60ZR-17
メーカー希望価格 510,000円

スポーツバイクの専業メーカーとして「READY TO RACE」を掲げるオーストリアのメーカーであるKTMのエントリースポーツバイクです。オーストリアのKTM本社で開発設計され、インド工場で生産し各国へ輸出されている世界戦略車が同モデルです
上体が起きたラインディングポジションと取り回しの軽さで高いストリート適性を持っていることに加え日本車には無い前衛的なデザインで女性を含めた幅広い層から支持されています。
洒落たコミューターというイメージを持ちますが、ミニサーキットでのラップタイムは同クラスのSSと互角以上で、スポーツ性能を優先するKTM車のアイデンティティをしっかりと受け継いでいます。
日本の小型二輪免許に相当するヨーロッパのA1免許では最高出力が15馬力以下に規制されている為ライバルのスペック表記はほぼ横並び。ただし同じ15馬力でも絞り出した15馬力と抑え込んだ15馬力では動力性能に大きな差があります。DUKEの場合は後者になり、ライバル車と比較すると低回転域でのトルクは薄めながら、中回転からエンジンが活気づいて高回転までフリクションを感じさせずに軽く鋭く回ります。吸排気セッティングや回転リミッターでピークパワーを抑えている様ですが、潜在的には20馬力近いパワーを持っているフィーリングです。
加えて6速ミッションのレシオ設定が絶妙で、パワーを無駄なく使いながら軽やかに速度が伸びます。
サスペンションを含めたフレームの剛性が高めなのでライダーのアクションに素早く反応し寝かし込みや切り返しの鋭さはストリートモデル離れしています。
前後サスペンションの設定はややハードですが、荒れた路面で車体が弾かれても幅広のハンドルで抑え込め、タイヤのグリップ感も掴みやすいです。
バイブレ製のブレーキ性能もエントリーモデルとは思えないほど高くエクストリーム的な走りにも応えてくれます。
軽量コンパクトな車体による扱いやすさ、爽快な動力性能と小気味いい運動性能が125DUKEの魅力ですが、時計・ツイントリップメーター・」ギアポジションインジゲーター・平均燃費・瞬間燃費などの多彩な表示機能を持つメーターやウインカースイッチ類の照明といったこのクラスではかなり豪華な装備が所有感を満たしてくれており、エントリーモデルとはいえ手抜きは一切ないモデルとなっています。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
スポーティなエントリーモデル
国産車とは違う雰囲気

短所)
ストリートユースに合わない

まとめ
KTM 125DUKEはスポーティなエントリーモデル!
初心者で走りを楽しみたい人は是非こちらを!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました