原付2種雑学ブログ

★原付2種の白いマークについて★

原付2種をよく見るとこんな感じでついてますね。。
 
後ろに付ける△は1辺6センチ・幅1センチの白い三角形であれば問題ないです。
先端も写真の様に付いてれば問題ありません。
結論から言えばこのマークは原付1種と2種の誤認を防ぐ為のマークです
このマーク自体は義務ではなく、国土交通省の通達で誤認しない様にマーク付けてくださいねとお願いをした所から端を発します。なので、車の初心者マークの様に必ず張らないといけないという訳ではありません。
ただ、実際60km/h走行してたり、二段階右折した時に警察に原付1種と間違われて止められてしまうのを防ぐ為に張っている人は多いです。
また法律で表記が義務付けられている道路交通法違反ではないので、(それに依存する減点や反則金はありません)、メーカーが自主的に表示しているマークです。そのため、国内メーカーから発売される原付二種車両にはマークが付いていますが、海外から輸入されている原付二種車両にはマークが付いていない車両もあります。しかし、原付一種と原付二種はナンバープレートの色が違うので、前から見て識別するためにフロントフェンダーに白線を入れるのは理解できますが、ナンバープレート下に三角マークを付けるのは何のためなんでしょうね?三角マークの有無よりもナンバープレートの色のほうが識別しやすいように思いますが…。
そこはよく分かりませんが、やはり警察官の取り締まりに際し素早く認識確認したいという所が一番の理由だと思われますね。。
あとそれ以外でこのマークが無いと困るという方は考えてみましたがいませんので。。
また125ccスクーター市場は大きく分けて2種類の車体サイズがあります。
一つは車体サイズをコンパクトにパッケージングしたもの。アドレス125(スズキ)、Dio125(ホンダ)、LEAD125(ホンダ)、アクシストリート(ヤマハ)などは、従来の50ccスクーターを一回り大きくした程度の車格に収まっており、50ccの様々な制約から開放されたいけどあまり大きな車体はちょっと、といった層がターゲットです。もう一つは、ビックスクーターのように車体サイズに余裕を持たせてパッケージングしたもの。
車体をビックスクーター並に大きくとることで、ホイールベースを長くして直進安定性を向上させたり、積載容量を大きくしてユーティリティ性(汎用性)を向上させています。
マジェスティ125(ヤマハ)、PCX(ホンダ)などがそうですね。
これらの機種はビックスクーター並の操作性、積載容量で、かつ維持費が安いことを好む層をターゲットにしています。
つまり一言に「125ccスクーター」と言っても、50ccスクーターとあまり変わらない大きさのものもあれば、ビックスクーターのようなサイズも存在しているため、交通行政上、外観での識別ができるマーキングが要望されたのでしょう。
あとシール自体は自作して張る人もいますし、購入して張る人もいます。

原付2種 表示ステッカーエンブレム ノーズマーク Sサイズ&三角マークセット キャッシュレス5%還元

価格:328円
(2020/3/24 12:59時点)

気を付けなければいけないのは、張る位置です

車両の先端とナンバープレートの下の2か所です(画像の位置)

ここに上手く貼られていないとして改善命令という名で警察官から何か言われる可能性がありますので、注意してください

また白色以外の色目を使うのもやめましょう。警察官に整備不良で突っ込まれる可能性があります。

とにかく中途半端に張るならば張らない方がいいです。

張らなくても罰せられる事はありません。

変な箇所に張ったりした方が罰せられるという事はありませんが、いちいち警察官に止められる恐れがあります。

出来れば避けたいところですねよね?

なので、張るんであればきっちりと張りましょう!!

 

まとめ

原付2種に付いている白い三角形のマークは原付1種と2種の区別に使用するモノ。

中途半端な位置に張ったりせずに、車両の先端部とナンバープレートの下部の定位置に張る様にしましょう。

但し的な義務はありませんので、必ず付ける必要も義務もありません。

 

皆さんの原付2種生活に参考になれば幸いです。。。

 

 なお原付1種と2種の区別についての記事はこちら↓↓↓

【原付2種雑学講座】原付2種VS原付1種編

原付2種雑学ブログ

★原付2種と原付1種の比較について★

原付1種の免許は普通免許に付帯される為、とてもお得なかつお手軽に乗れる乗り物です。
それに対して原付2種は別途免許を取得しないといけません。ただしそのハードルは決して高くありません。ここではそれぞれの違いをよく確認していきたいと思います。
まずは一覧表にしてみましたので、ご覧ください

原付2種 項目 原付1種
10万~40万円 販売価格 10万~40万円
300km前後 走行距離(1回/給油) 250km前後
不要 車検 不要
2,400円 税金 2,000円
必要 免許 必要(普通自動車免許保持者は付与)
免許取得1年後可能 二人乗り 不可
100~120kg 重量 70~90kg
不要 二段階右折 必要
60km/h 法定速度 30km/h

ざっとこんな所でしょうか。
ひとつずつ見ていきましょう
まずは販売価格
ここは車種によりますが、ほぼ互角と言っていいでしょう。ただし注意したいのは原付2種の方が選べるタイプが多いです。原付1種は基本的にカブかスクーターが中心となります。
それに比べ、原付2種はスクーターだけでなく幅広いタイプから選べますので、色んなタイプのバイクを選びたいという方は原付2種の方がいいかと思います。逆にスクータータイプでだけしか考えてないという方は原付1種でいいかと思います
つづいて走行距離
こちらも車種により幅が出ますが、基本的には引き分けといっていいでしょう。なので、ここは購入時にあまり考えなくて大丈夫です
車検も両車とも不要となります。税金に関しては400円だけ原付2種の方が高くなりますが、それほど致命的な差では無いでしょう。
免許ですが、ここは差が出ます。原付1種は普通自動車免許を保持している方はすぐに乗れます。原付2種の方は普通自動車免許保持者でも改めて免許を取得しないといけません。ここは大きな違いとなります。ただし原付1種でも、全く免許を持っていない方は原付2種と同様に免許を取得しないといけませんので気をつけてくださいね。このあたりの差は個人の状況によって変わりますので、よく確認しておきましょう!!
二人乗りに関してです。原付1種は原則禁止です。定員1名乗り物です。原付2種は免許取得後1年経過し、違反などない時点で二人乗り走行が可能となります。ここは原付2種に分があると言っていいかと思います。
続いて車両重量ですが、こちらは車種にもよりますが、原付1種の方が総じて軽い傾向にあります。エンジンの排気量の違いがここではっきりと出ていますが、排気量比の車両重量でいえば、運動性は原付2種に軍配が上がる事になります。またある程度の車両重量は走行の安定性という副次効果も生みますので、車両重量自体が購入の際の大きな判断基準になるという事は無いかと思います。
あと、原付2種に軍配が上がる決定的な差が二段階右折不要法定速度60km/hの要素です。この二つは原付1種には絶対ない要素で、原付2種が一般の交通の流れに乗りやすい経済的な乗り物として認識され注目されるきっかけとなっています。ここは原付2種と原付1種の比較において明確な違いですので、購入を考えている人は必ずチェックしておきましょう!!
あとは維持費の面ですが、ここはどちらも車検も不要ですので、任意のメンテナンス費用が掛かりますが、たいていの場合はオイル交換位です。ここは両車共同じと言っていいでしょう。
あとはガソリン代ですが、車種にもよりますが両車共に平均燃費は50km/l位で互角ですが、燃料タンクの大きさに違いがありますので注意しましょう。原付1種のタンク量は平均5~6L位ですが、原付2種のタンク量は平均7~8L位です。よって一回辺りの給油量や金額に差がでますが、燃費はほぼ一緒ですので、維持費という面では互角として捉えていいでしょう。
この違いで重要なのは1度の給油での航続距離の違いです。これは使い勝手として出てきますので注意してください。例えば、ロングドライブをしようとした時にはこのタンクの違いが発揮されます。また月に何回も給油する手間が少なくしたいという方はやはり燃料タンクが大きい原付2種の方が有利に働きます。
あと盲点なのが、シート下の収納スペース容量にも差がありますので注意しましょう!
これも車種にもよりますが、原付1種は平均23L程度ですが、原付2種は平均25Lとなります。わずかな差ではありますが、ヘルメット以外にちょっとしたモノを収納したいと思う方がいたら、ここはチェックしましょう!

まとめ

原付1種と比べ、原付2種は免許さえクリア出来れば、ほとんどの面で有利です。その免許もそれほどハードルが高いわけでもありません。普通自動車免許保持者はすぐに原付1種を乗ってもいいですが、免許を取ろうと時間的経済的に余裕のある方はメリットの多い原付2種にチャレンジしましょう!!

なお原付2種にしかない△マークについてはこちら↓↓↓

【原付2種雑学講座】白い△マークっているの?編

こちらの記事↓↓でも原付1種と2種の免許の違いに触れてます

原付1種と2種について

免許の取得方法についてまとめた記事はこちら↓↓↓

【初心者に優しい原付2種講座】免許はどうなっている?編