原付2種雑学ブログ

 

今回は原付2種の特徴である2人乗りについてみていきたいと思います!!

原付2種は原付(この場合は50CC)と比べて免許取得時に2人乗りが許可されています。

1人で乗るよりも2人で乗った方が会話も弾み楽しいですよね。。

そんな2人乗り走行の事を「タンデム走行」と言います。

そんな楽しいタンデム走行ですが、すぐには行えません。

交通安全の観点から以下の条件が必要になります。

①免許を取得してから1年を経過していなければできません
→これは熟練度を要するタンデム走行であるという点に着目しています。
タンデム走行には1人乗り時と異なり体重移動が変わります。
しかし、取得後1年が過ぎていても原付免許(50cc)では二人乗りをすることはできません。
②高速道路の場合は運転者が20歳以上で、普通二輪免許または大型二輪免許取得後3年以上でなければなりません。
→こちらは一般道路よりもより危険性が増す高速道路であるが故の条件です。
もし転倒等をしたら、重大な事故につながりますので、より厳格にしています。
2005年4月1日から高速道路におけるバイクの二人乗りが条件付きで解禁されました。
但し首都高速道路の一部にはバイクの二人乗りが禁止されている区間がありますので注意が必要です。
③同乗者の条件
→同乗者の運転免許の有無、年齢や体重の制限はありません。
2輪用のヘルメットの装着は義務ですし、同乗者の足が同乗者用ステップに届かなくてはなりません。
よって、乳幼児はこの条件に沿わないので、同乗できないことになります。
また、小さな子どもを運転者の前に乗せたり、背中におぶって乗せることもできません。
同乗者はあくまでも同乗者シートの上に正しく乗らなくてはならないのです。
④定員が2名の原付2種バイクである事
→これは同乗者用のステップがあるもの、さらに、同乗者がつかむグラブバーまたはベルトがあることが車輛の事を指します。
ですので、これら装備が無いものではタンデム走行が禁止されます。

以上原付2種2人乗りの条件4つをピックアップ致しました!!
これらの条件をよく順守してタンデム走行を楽しみたいですが、もし上の条件を破った場合の罰則規定についても述べたいと思います。

定員1名のバイク(モンキー125など)に二人乗り 違反点数1点(罰金5,000円) 定員外乗車違反
同乗者がヘルメット不着用 違反点数1点(罰金0円) 乗車用ヘルメット着用義務違反
免許取得後1年未満に二人乗り 違反点数2点(罰金12,000円) 大型自動二輪車乗車方法違反

(※)同乗者に関するルール違反はすべて運転者に罰則が課されます。同乗者は責任を問われません。

原付二種の免許取得時の持ち点は3点なので、1点とか2点の違反とかはとても重い罰則になりますね。
それだけ2人乗りが重大な事故につながる可能性のある行為であるという事だと思います。
同乗者にケガをさせてしまった場合、事態はもっと深刻です。
つまり、同乗者のケガに関して、運転者は「加害者」になってしまうからです。
もちろん、法的な話でなく精神的な面での話です。
「ケガをさせてしまった」
という思いが運転者にはどうしても残ってしまうからです。
せめて補償の面でしっかりと準備しておく必要があります。
単体のバイク保険に加入している場合、搭乗者傷害保険または人身傷害保険の補償内容をご確認ください。
バイク事故で同乗者がケガをした場合、治療費などが出るのはこの2つの保険からです。
また、自動車保険の特約であるファミリーバイク特約に加入している場合は、特に注意が必要です。
ファミリーバイク特約は通常「自損事故型」と「人身傷害型」の2タイプあります。
このうち「自損事故型」は、対人・対物といった相手に対する補償しか付いていません。
運転者や同乗者のケガは「人身傷害型」でなければ補償されません

保険については↓↓↓を参考にしてくださいね

【初心者に優しい原付2種講座】保険は?編

まとめます!!
原付2種の2人乗りをするには条件があります。
その条件を守れば楽しいツリーリングが待っています!!
しかしその前に自身の保険の内容の確認をしておきましょう!!

高速ではないけど原付2種でも走れる有料道路はこちら↓↓↓

【初心者に優しい原付2種講座】原付2種で走れる有料道路は?編

 

 

初心者に優しい原付2種講座

★原付2種の廃車方法について★

まず、廃車手続きはナンバー登録の区・市役所になります。郵送での廃車手続きもしてます。郵送での廃車手続きはナンバー登録の区・市役所によって必要なものが若干違いますので、細かくは各自治体で確認して下さい。

ここでは一般的な方法について書いていこうと思います。
まず廃車手続きで必要なものは↓こちら!

①ナンバープレート ナンバープレートをバイクから外して持って行きます。
②標識交付証明書 ナンバー取得時に区・市役所から発行される書類。バイク・所有者情報が書いてあります。
③軽自動車税の領収証書(必要ない市役所もあります)
④印鑑 (認印、シャチハタ不可)
⑤届出をされる方の本人確認書類(運転免許証、社員証等)
⑥自動車税廃車申告書兼標識返納書  市税事務所の窓口に置いてあります。
以上の6点が必要になります。⑥は各自治体のHPでダウンロードできる場合もあります。
また代理人が手続きをされる場合には①~⑥とは別に委任状(所有者の印鑑が必要です)が必要になります。ただし代理人が同居の親族の場合は委任状は不要です。またナンバープレート紛失の場合は最寄りの警察署で事前に紛失届を出すと、受理番号が発行されますので、その番号を持参すれば廃車手続きが出来ます。

これらの書類を住んでいる市区町村役所へ持参し手続きをします。
ここで注意いたいのが、手続きする自治体は原則ナンバープレートが発行された市区町村役場でしかできないという点です。他県での処理なども対応可能でしょうが、必要な書類が自治体によって異なってきますので、事前に確認の上訪問するようにしましょう。

一応それぞれの紛失した書類に応じた対応方法も記載しておきますので、ぜひ参考にしてくださいね
●書類の紛失の場合●
標識交付証明書の紛失でも廃車手続きは大丈夫です。窓口で書類の紛失を伝えて下さい。自動車税廃車申告書兼標識返納書を記入する場合に、バイク情報を記入しますが紛失の為、分かりませんと申告します。書類紛失の場合、市・区役所によっては身分証明書の提示を求められる事もあります。
●ナンバープレート紛失の場合●
ナンバープレートの紛失は、盗難、遺失などの場合、最寄の警察署に紛失の届出をする必要があります。(盗難などの場合、犯罪にナンバープレートが使われる恐れがあります。)届出をすると受理番号がつきますので、自動車税廃車申告書兼標識返納書の紛失の受理番号蘭に記載します。市・区役所によって遺失の場合は、受理番号が必要ない場合もありますので、事前に確認して下さい。※遺失は自分で保管してたが失くした場合

★郵送での廃車手続きについて★
最初にも述べましたが、廃車手続きは郵送でも出来ます。その際はまず以下の書類を用意してください
①ナンバープレート(紛失の場合は受理番号が必要)
②自動車税廃車申告書兼標識返納書(要記入)
③標識交付証明書(紛失でもOK)
④返信用の封筒(切手を貼って、返信先の住所、氏名を必ず記入)
①~④を封筒に入れて対象の自治体へ郵送してください。
ただし自治体によっては身分証明書も必要な場合がありますので、事前に確認をしてください。

これにて原付2種の廃車手続きは以上です。
しかしもうひとつ廃車の際にやらないといけない事が。。
自賠責保険の解約手続きです。
こちらもバイク1台に付き1保険となっていますので、必ず必要になってきますので、忘れない様にしてください。

ここで注意したいのがバイクの廃車処分で自賠責保険の残りがある場合、解約手続きをすると還付金(払い戻し)があります。1ヶ月以上の契約期間が残っている事が条件になりますが、必ず期間を確認してから解約の手続きをしていきましょう。

また自賠責保険の解約方法は契約してる自賠責保険会社の窓口に行って解約手続きをする方法と、郵送による解約方法の2種類があります。
ちなみにバイク屋さん、保険の契約代理店【コンビニなど】では手続きしてくれませんので、注意してくださいね。
原則自賠責保険会社の本支店の窓口での対応になります。先ずは契約してる自賠責保険会社に電話しましょう。なお窓口手続き、郵送手続き共に、保険の残り金額は銀行振り込みになります。

自賠責保険の解約は廃車申告受付書が必ず必要になります。
紛失などの場合は廃車書の再発行が必要になります。廃車書はコピーでも構いません。
また自賠責保険証書紛失、自賠責保険ステッカー紛失の場合も必要書類に記入すればOKです。
さらに入っていれば任意保険の方も同様に解約の手続きを忘れない様にしましょうね。

また廃車に関わる費用ですが、これも自治体や処分方法によって変わります。
自治体によっては0円で引き取ってくれる所もありますし、買取専門業者に下取りに出すのもいいかと思います。まず、費用が発生する事はないと思います。

まとめ

廃車手続きは必要書類を用意して、ナンバープレートが発行された自治体で処理するのがスムーズ。
また忘れずに自賠責保険と任意保険の解約もしましょう!!

ちなみに維持費に関する記事はこちら↓↓↓

【初心者に優しい原付2種講座】維持費ってどれくらい?編

ちなみに保険に関する記事はこちら↓↓↓

https://tokai-hikaku.com/archives/300

ちなみに廃車に関する記事はこちら↓↓↓

【初心者に優しい原付2種講座】原付2種の廃車ってどうするの?編