初心者に優しい原付2種講座

今回は原付1種と2種の違いについてまとめてみました。

原付とは「原動機付自転車」の略称になります

原動機を備えた小型の二輪車のことです。
自転車の俗称「チャリンコ」と組み合わせて「原チャリ」「原チャ」などと呼ばれることも。

その原付ですが排気量に分けて2種類の区分が存在します。

道路運送車両法では、二輪車のうち排気量125cc以下のものを原付として定めています。

このうち排気量50cc以下を「第一種原動機付自転車」、50ccを超え125cc以下の二輪車を「第二種原動機付自転車」としています。

そして125ccを超え250cc以下の二輪車は「二輪の軽自動車(軽二輪)」、250ccを超えるものは「二輪の小型自動車(小型二輪)」として、自動車のカテゴリーに含めています。

ここで原付は基本的に自転車という扱いになります。

原付以上の二輪車は自動車という扱いになります。

ここで注意したのが道路交通法と道路運送車両法で原付の1種と2種に違いが生まれます。

道路運送車両法により、自動車は「登録」されなければ使用してはならないということになっていますが、二輪車については「登録」の対象外となっており、手続きは次のようになっています。

●小型二輪車(排気量250cc超)
運輸局の新規検査後に車両番号の指定を受けることになっています。その手続きは自動車の登録とは異なりますが、実務的には“登録”で通用しています。

●軽二輪車(排気量125超~250cc以下)
運輸局に「届け出」を行い、車両番号の指定を受けることになっています。

原付(排気量125cc以下)
原付一種、原付二種については、運輸局への届け出等は必要ではなく、地方税法により、
市区町村へ地方税の納付申告を行い、ナンバーの交付を受けることになっています。

またバイクにも四輪車と同じように「車検」があります。

●小型二輪車(排気量250cc超)
運輸局の検査は
2年間有効で、期間満了後も継続して使用する場合は、2年ごとに継続検査を受けることになっています。

●軽二輪車(排気量125超~250cc以下)
道路運送車両法の規定により「検査対象外軽自動車」となっているため、
検査を受ける必要はありません
●原付(排気量125cc以下)
原付(125cc以下)は、道路運送車両法でいう自動車ではありませんので、
検査を受ける必要はありません

道路運送車両法の保安基準により、二輪車のヘッドライトはエンジンがかかっている場合には必ず点灯している構造となっています。これは1996年に定められ、1998年4月1日から国内のすべての生産車両(輸入車含む)で義務付けられています。

原付に車検がないからといって、全く点検整備を行わなくて良いというわけではないので、日頃のメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

ここまで見ると法律的には大きな違いはありません。

車検もありません。

大きな違いは免許区分にあります。

原付1種は単独でも取得できますが普通自動車免許に付随して付与されます。

しかし原付2種に関しては単独で取得しないといけません。

と、ここまで書いてきてあまり1種と2種を分ける意味があまり理解しづらいかなと思います。書いている私もそう思っています。

その理由はいろいろあります。

排気量による機動力の違いによる規制。

政府が改正に消極的。

 

どれが本当か分かりません。

しかし最近、その原付1種・2種免許を統合しようという動きも出てきました。

その前触れではないかもしれませんが、原付2種の免許は年々取得しやすくなってきています。

メーカーとしても125ccには魅力的な車種がありますので、拡販したい思惑もあるはずですので、今後も政府に働きかけていくと思います。

 

是非、原付2種が広がっていく事を期待します!!

なお原付2種の特徴である2人乗り(タンデム走行)についてまとめた記事はこちら↓↓↓

原付2種の二人乗りについて

 

原付2種車種別解説講座

★MAXシリーズのDNAを受け継ぐグローバル・スタンダード。★

NMAX
ヤマハ発動機㈱HPより

メーカー名 YAMAHA
全長×全幅×全高 1955×740×1115mm
ホイールベース 1350mm
シート高 765mm
車両重量 127kg
エンジン形式 水冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.0×58.7mm
圧縮比 11.2
最高出力 12PS/7500rpm
最大トルク 1.2kg-m/7250rpm
燃料供給方式 F1
最大燃料タンク容量 6.6L
最低地上高 135mm
変速形式 Vベルト無段変速
ブレーキ形式 前・後 ディスク・ディスク
タイヤサイズ 前・後 110/70-13・130/70-13
メーカー希望価格 351,000円

 NMAXはTMAXを頂点とするMAXシリーズの末弟としてヤマハのクラス最高級モデルとしての位置づけとなります。またHONDAのPCXのライバルでもあります。125ccクラスとしては大柄ですが、250ccスクーターに見られる長くて低いフォルムではなく、固まり感のあるフォルムをまとい車重も127kgなので取り回しは楽です。ラインディングポジションにも余裕があり、大柄なライダーでも窮屈さは感じないです。足を置く場所の自由度も高く、フロアボード前側に足を伸ばせばリラックスした姿勢も取れます。
エンジンはヤマハがブルーコアと呼ぶ高効率燃焼、高冷却性、ロス低減の思想に基づいて新開発した水冷4バルブ単気筒。注目は低中回転域と高回転域で吸気バルブの作動を変えるVVA(可変バルブ)機構。この切り替えは音もショックもないので感覚的にはシームレス。遠心クラッチが繋がる回転数が高めなので、ゼロ発進が力強く、一気に60km/hまで加速します。
NMAXはVVAの恩恵で80km/hを超えても加速感が落ちません。加えてどの速度域でも振動が少なく、小排気量エンジンらしからぬ上質さがあり、燃費は改善され満タンで300km程度は走れます。

ブルーコアエンジンの完成度もさることながら、車体全体の高い剛性感。これはフレームだけでなく、前後サスペンションの剛性と専用に開発された13インチタイヤが効いていると思われます。
NMAXは強めにブレーキを掛けながらバンクさせても不安がありません。この感覚はTMAXに通じるものがあります。そうしたシャッキリとした操縦性と引き換えに乗り心地は若干固め。高級スクーターらしい快適性を求めるか?キビキビとした走りを求めるかで評価は分かれる所です。個人的にはスポーティな走りを求めているので評価しています。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
ブルーコアエンジンによるスポーティな走り
PCXほどの台数が走っていない為差別化できる

短所)
リセールバリューが弱い

まとめ
YAMAHA NMAX ABSはブルーコアエンジンによるスポーティな走りができるスクーター!
PCXとは違うスクーターを探している人は是非こちらを!

永遠のライバルであるHONDAのPCXとの比較記事も作成してみました↓↓↓

【原付2種雑学講座】 PCX vs NMAX どちらがいいか?

原付2種雑学ブログ

★原付2種と原付1種の比較について★

原付1種の免許は普通免許に付帯される為、とてもお得なかつお手軽に乗れる乗り物です。
それに対して原付2種は別途免許を取得しないといけません。ただしそのハードルは決して高くありません。ここではそれぞれの違いをよく確認していきたいと思います。
まずは一覧表にしてみましたので、ご覧ください

原付2種 項目 原付1種
10万~40万円 販売価格 10万~40万円
300km前後 走行距離(1回/給油) 250km前後
不要 車検 不要
2,400円 税金 2,000円
必要 免許 必要(普通自動車免許保持者は付与)
免許取得1年後可能 二人乗り 不可
100~120kg 重量 70~90kg
不要 二段階右折 必要
60km/h 法定速度 30km/h

ざっとこんな所でしょうか。
ひとつずつ見ていきましょう
まずは販売価格
ここは車種によりますが、ほぼ互角と言っていいでしょう。ただし注意したいのは原付2種の方が選べるタイプが多いです。原付1種は基本的にカブかスクーターが中心となります。
それに比べ、原付2種はスクーターだけでなく幅広いタイプから選べますので、色んなタイプのバイクを選びたいという方は原付2種の方がいいかと思います。逆にスクータータイプでだけしか考えてないという方は原付1種でいいかと思います
つづいて走行距離
こちらも車種により幅が出ますが、基本的には引き分けといっていいでしょう。なので、ここは購入時にあまり考えなくて大丈夫です
車検も両車とも不要となります。税金に関しては400円だけ原付2種の方が高くなりますが、それほど致命的な差では無いでしょう。
免許ですが、ここは差が出ます。原付1種は普通自動車免許を保持している方はすぐに乗れます。原付2種の方は普通自動車免許保持者でも改めて免許を取得しないといけません。ここは大きな違いとなります。ただし原付1種でも、全く免許を持っていない方は原付2種と同様に免許を取得しないといけませんので気をつけてくださいね。このあたりの差は個人の状況によって変わりますので、よく確認しておきましょう!!
二人乗りに関してです。原付1種は原則禁止です。定員1名乗り物です。原付2種は免許取得後1年経過し、違反などない時点で二人乗り走行が可能となります。ここは原付2種に分があると言っていいかと思います。
続いて車両重量ですが、こちらは車種にもよりますが、原付1種の方が総じて軽い傾向にあります。エンジンの排気量の違いがここではっきりと出ていますが、排気量比の車両重量でいえば、運動性は原付2種に軍配が上がる事になります。またある程度の車両重量は走行の安定性という副次効果も生みますので、車両重量自体が購入の際の大きな判断基準になるという事は無いかと思います。
あと、原付2種に軍配が上がる決定的な差が二段階右折不要法定速度60km/hの要素です。この二つは原付1種には絶対ない要素で、原付2種が一般の交通の流れに乗りやすい経済的な乗り物として認識され注目されるきっかけとなっています。ここは原付2種と原付1種の比較において明確な違いですので、購入を考えている人は必ずチェックしておきましょう!!
あとは維持費の面ですが、ここはどちらも車検も不要ですので、任意のメンテナンス費用が掛かりますが、たいていの場合はオイル交換位です。ここは両車共同じと言っていいでしょう。
あとはガソリン代ですが、車種にもよりますが両車共に平均燃費は50km/l位で互角ですが、燃料タンクの大きさに違いがありますので注意しましょう。原付1種のタンク量は平均5~6L位ですが、原付2種のタンク量は平均7~8L位です。よって一回辺りの給油量や金額に差がでますが、燃費はほぼ一緒ですので、維持費という面では互角として捉えていいでしょう。
この違いで重要なのは1度の給油での航続距離の違いです。これは使い勝手として出てきますので注意してください。例えば、ロングドライブをしようとした時にはこのタンクの違いが発揮されます。また月に何回も給油する手間が少なくしたいという方はやはり燃料タンクが大きい原付2種の方が有利に働きます。
あと盲点なのが、シート下の収納スペース容量にも差がありますので注意しましょう!
これも車種にもよりますが、原付1種は平均23L程度ですが、原付2種は平均25Lとなります。わずかな差ではありますが、ヘルメット以外にちょっとしたモノを収納したいと思う方がいたら、ここはチェックしましょう!

まとめ

原付1種と比べ、原付2種は免許さえクリア出来れば、ほとんどの面で有利です。その免許もそれほどハードルが高いわけでもありません。普通自動車免許保持者はすぐに原付1種を乗ってもいいですが、免許を取ろうと時間的経済的に余裕のある方はメリットの多い原付2種にチャレンジしましょう!!

なお原付2種にしかない△マークについてはこちら↓↓↓

【原付2種雑学講座】白い△マークっているの?編

こちらの記事↓↓でも原付1種と2種の免許の違いに触れてます

原付1種と2種について

免許の取得方法についてまとめた記事はこちら↓↓↓

【初心者に優しい原付2種講座】免許はどうなっている?編

初心者に優しい原付2種講座

★原付2種のメーカーについて★

原付2種のメーカーは国内外でざっと20以上のメーカーがあります。

その中でも代表的な国内外のおススメメーカー8社をご紹介していきます

Honda(ホンダ)
 日本が誇る世界的なバイクメーカーさんですね。いまさら解説するまでも無いですが、原付2種の世界においてもガリバー的存在です。スクータータイプから本格的なロードバイクやオフロードバイクまであらゆる車種を取り揃えています。またHondaの代名詞的な存在であるカブにも125ccのラインナップがあり、とても人気を博しています。まず原付2種を購入する際には必ず検討するメーカーに入れておくべきです。

YAMANA(ヤマハ)
日本では楽器のイメージも強いですが、バイクも世界的に有名です。Hondaと同様にフルラインナップでバイクを世界的に展開しています。原付2種においてもHondaと双璧をなすライバルと言っていい存在です。特に3輪の原付2種バイクをリリースするなど市場開拓にも意欲的なメーカーです。Hondaと共に国内での原付2種選びには欠かせないメーカーでもあります。

SUSUKI(スズキ)
Honda・YAMAHAと国内3強の一角を占めるメーカーさんです。2社と比べると若干ラインナップは落ちますが、それでも個性的なバイクが沢山存在します。原付2種においては通勤快速と呼ばれるような小型の快速スクーターが有名です。

Piaggio(ピアッジオ)
Piaggioと聞いてすぐにピンと来る人はバイク通です。一般に原付の世界ではベスパというスクーターブランドの商品を展開しているイタリアのメーカーです。Piaggioは知らなくてもベスパの名前は聞いたことがある人はいると思います。車でいうならminiの様な存在ですね。原付2種においてはPiaggio自体のブランドでもリリースされていますが、やはりベスパブランドの原付2種の方がラインナップも豊富です。また日本国内おいてもかなりの流通量があり、独特にフォルムデザインから人気が高いです。

Peugeot(プジョー)
プジョーと言えフランスの車メーカーのイメージが強いですが、バイクも生産販売しているメーカーです。また原付2種の世界でもフランスの香りのする個性的な車種を展開しています。人とはちょっと違う個性を出したい人はぜひ検討したいメーカーの一つになります。

KYMCO(キムコ)
KYMCOさんは台湾ナンバーワンのバイクメーカーです。実に台湾国内でのシェアが40%を超えています。Hondaからの技術協力を得て大きくなったメーカーさんなので、技術的な裏付けは問題ありません。台湾メーカーらしく刺激的なデザインが特徴です。原付2種の世界でもすくスクータータイプを中心に展開しています。特に欧州では各国でシェアトップを取っています。
また日本国内においても直接参入しなおし販売強化中ですので、今後ますます国内でも見られていくと思います。

SYM(エス・ワイ・エム)
SYMさんも台湾メーカーです。SYMさんはHondaの技術協力を得て大きくなったメーカーさんです。
豊富な車種展開をしており、日本国内でも近年代理店の再構築がなされ販売にも力を入れてきています。

PGO(ピージーオー)
PGOさんも台湾のメーカーです。他の台湾2社とは異なりピアッジオさんから技術協力を得て大きくなったメーカーです。そんな経緯から小型スクーターにはどこかベスパを感じさせるモデルも多数存在します。台湾2社よりも規模は劣りますが、一部のマニアからの指示は根強いメーカーです。

以上、みなさんいかがでしたか?

まとめ
安定の日本メーカー
個性的なデザインのヨーロッパメーカー
リーズナブルで刺激的なデザインの台湾メーカー

それぞれの特徴をつかんで、皆さんの原付2種ライフをより楽しんでください!!

是非みなさん参考にしてくださいね!!