初心者に優しい原付2種講座

今回は小型2輪免許を取る時にぶつかるオートマチック(スクータータイプ)(以下AT)ミッション(ネイキッドタイプ)(以下MT)のどちらの免許がいいのか触れたいと思います。

まず!ATとMTの違いについて。。

技術的な細かい事は省略し、端的にいえばクラッチ操作があるかどうかいう点だけです。

ATにはクラッチがありません。 MTにはクラッチがあります。 それによって運転方法が異なります。。

自動車免許でも同じことが言えるので、小型二輪の免許と同様にカテコライズされています。

自動車免許の場合、最近MT車が減っている背景もありAT免許の方が圧倒的に多くなっています。

では小型二輪ではどうでしょうか? まずメリットデメリットをまとめてみました!

メリット デメリット
AT(スクータータイプ) ・車体が軽い
・足つきが良く、女性でも安心
・荷物を入れるスペースがある
・自動でクラッチ操作を行うため、運転の楽しみが少ない
・バランスを崩しやすい
MT(ネイキッドタイプ) ・クラッチ操作やシフトチェンジ操作など、運転の楽しみがある
・安定感がある
・荷物を入れるスペースがない
・足つきが良くない
・車体が重い

こんな感じです。結構両極端な感じです。一番の違いは運転時の動作ではないでしょうか?

クラッチがあるのとないのとでは雲泥の差です。

これら違いを踏まえそれぞれの特徴をまとめてみました!!

小型二輪免許のうち、AT小型限定普通二輪免許を取得することで、クラッチ操作なしのAT二輪車に乗車できます。
AT二輪車は足つきがよく、自動でクラッチ操作やシフトチェンジ操作を行ってくれるため、運転操作が簡単で、初めてバイクに乗るバイクビギナーの方でも安心です。
さらにAT二輪車は車体が一回り軽いため、車体を押して歩く際などの取り回しが良いのも大きなメリットです。
クラッチ操作やシフトチェンジ操作など、バイク運転を楽しむのが目的の方というよりも、通勤や通学、子供の送り迎えなどが目的の方に適したバイクです。
また、AT限定はMTよりも免許取得までのスピードが早いというメリットもあります。
2018年5月31日に道路交通法施行規則が改定され、1日に受講可能な技能教習の時間が3時間から4時間に伸びたためです。
また普通自動車運転免許がある方の場合、AT限定の取得に必要な技能教習は8時間のため、最短2日で技能教習が完了します。
「とにかく二輪免許が欲しい」「小型二輪免許を最短で取得したい」という方はAT限定が向いています。

通常の小型限定普通二輪免許を取得することで、クラッチ操作のないAT二輪車に加え、MT二輪車(マニュアルトランスミッション車)に乗車できます。
MT二輪車の最大の魅力は、クラッチ操作やシフトチェンジ操作を手動で行うため、運転の楽しみが得られる点です。
また、車体が重く安定性が高いため、乗り心地も抜群です。

近年はスポーツモデルのMT二輪車を中心に、シフトアップの際にアクセルを自動で戻す「クイックシフター」が標準搭載されているため、快適なシフトチェンジ操作が可能です。通勤や通学といった日常的な利用シーンに加えて、休日などにバイクでのお出かけを楽しみたい方は、MT二輪車が向いています。
ただし、小型二輪のMTを取得するには、普通自動車免許を取得している場合でも合計10時間の技能教習が必要です。
運転免許がないか、原付免許しか取得していない方の場合、合計12時間の技能教習を受けねばなりません。

最後に各ATとMTの免許取得割合を表にまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

受験者数 合格者数 合格率(%)
普通自動二輪 241,951 207,340 85.7
  AT限定 8,640 6,994 80.9
小型限定 42,990 32,117 74.8
  AT限定 30,684 21,935 71.5

警察庁の統計によると、普通二輪免許ではAT限定の割合が0.04%にも満たないのに対し、小型二輪免許ではAT限定の割合が71.3%と半数以上を占めています。
一因として、AT限定は技能教習の時間が短く、MTよりもスピーディーに免許取得できる点が挙げられます。
小型二輪免許を取得する場合は、AT限定・MTそれぞれのメリットやデメリットを比較し、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

 

以上、今回はMT・ATの原付2種の免許についてまとめてみました。ぜひ参考にしてくださいね。

また実際の教習所に関しては↓の記事を参考にしてくださいね。

【初心者に優しい原付2種講座】教習所の費用は?編

初心者に優しい原付2種講座

今回は原付2種の免許取得に際して受ける筆記試験内容について考えてみたいと思います

まず原付2種の免許を取得する方法には大きく分けて2種類のルートがあります。

①1発で試験場に取得に行く場合

②教習所である程度講習など受けてから、試験場に行く場合

②に関しては「運転免許取得編」にて触れていますので、あわせてお読みください。

いずれにしても、最終的には運転免許試験場にて試験を受けて合格して初めて免許が付与されます。

↓こんな流れで考えてもらればOKです!!

一見すると一発受験で受けた方が手っ取り早い感じもしますが。。

実際はとても高い壁になっています。

原付二種に限った話ではないですが、一発試験の難易度はかなり高めです。

年によって異なりますが、小型限定二輪免許の合格率は5~10%程度が多く、高い年でも20%未満です。

平均受験回数も大体10~20回になっています。

小型限定二輪免許のAT限定の合格率は10~30%程度になっています。

平均受験回数もMTより少なく、3~7回程度です。

と、ほぼ時間の無駄になります。

また時間だけでなく、受験料もその都度発生するわけので、お金の無駄にもなります。

一発受験にかかるあ1回あたりの費用は23,000円前後と言われています。教習所の費用が10万前後と言われていますので、そこら辺はよく精査する必要がありますね。

結果的には一番早くて確実方法は教習所経由での試験場になりますね。

原付2種の免許を取得する人の多くは、指定自動車教習所に通学するのが定番です。

最大の理由は、指定自動車教習所の卒業者は、試験場での厳しい実技試験が免除されるため。

さらに指定自動車教習所は夜間教習もあり、運転免許試験場での一発試験では夜間の試験がなく、昼間の仕事を持っている人には受験しづらいです。
この点も、自動車教習所が選ばれる理由の1つ。

個人の技量によりますが、
「AT小型限定普通二輪免許」の場合、“普通自動車免許を所有していれば”、1日4時間の実技教習×2日=計8時間で免許の取得が可能。
普通自動車免許を持っていない人は、教習所卒業後、試験場で筆記試験に挑戦。これに合格すれば、免許証が交付される。

では普通自動車免許を持っていない人が受ける筆記試験とは。。

例題を挙げてみたいと思います。
ただし、この設問が必ずしも出るわけではないのでそこの所はご了承くださいね

・チェーンの張り具合は、車に乗った状態で点検する。→〇

・前車が他の自動車を追い越そうとしているときは、追越しをはじめてはならない。→〇

・荷物を積む場合は、方向指示器やナンバープレートなどがかくれないようにしなければならない。→〇

・交差点付近以外を通行中、緊急自動車が近づいてきたので、道路の左側によって進路をゆずった。→〇

・原動機付自転車に同乗する人も、つとめてヘルメットをかぶらなければならない。→✕

・トンネルに入るときは減速するが、トンネルから出るときは速度を落とす必要はない→✕

・安全地帯に歩行者がいて、そのそばを通るときは徐行しないで進んでもよい。→✕

・エンジンブレーキをきかせながら、前後輪のブレーキを同時にかけるのが、正しいブレーキのかけ方である→〇

・交通巡視員が信号機の信号と違う手信号をしていたが、手信号に従わず、信号機の信号に従って通行した。→✕

・車両通行帯のある道路では、まっすぐに走行するため二つの通行帯にまたがって通行しでもよい。→✕

・トンネルの中では、対向車に注意を与えるため、右側の方向指示器を作動させたまま走行したほうがよい。→✕

・げん惑を防ぐには、視線を右前方の道路上に向けるようにする。→✕

・少しくらいの酒を飲んでも、酔っていないと判断すれば運転してもよい。→✕

・白や黄の杖を持った人が横断していたので、警音器を鳴らして注意を与え、立ち止まるのを確かめてから通過した。→✕

・バスの停留所の表示板(柱)から10メートル以内の場所では、停車はできるが、駐車はできない。→✕

・ブレーキは、空走距離と制動距離を考えて早目にかける習慣をつけることが必要である。→✕

・原動機付自転車を運転するときは、グリップの中央を確実に握り、肩やひじの力を抜いて脇を軽くしめるのがよい。→〇

・右折するために中央に進路変更している車があるとき、追越しは右側が原則だから、この場合でも右側を追い越す。→✕

・横断歩道のない道路を歩行者が横断していたが、原動機付自転車が優先なので先に通過した→✕

・道幅が同じような交差点では、左方からくる車があるときは、その車の進行を妨げてはならない。→〇

と、こんな内容の問題が出題されます。

普通自動車免許を持っている方にはそれほど難しくないでしょうが、まだ持っていない方にとっては結構ハードル高いかもしれません。

まとめますと。。

原付2種の筆記試験は普通自動車免許を持っていない方にとっては結構ハードル高めなので、余程の事が無い限り、教習所経由で免許取得する事が最短でオススメなルートです!!

もっと詳しく免許の事について知りたい方はこちら↓↓↓をどうぞ

【初心者に優しい原付2種講座】免許はどうなっている?編

 

ちなみに免許一発で試験についてはこちらの記事を↓↓

【原付2種雑学講座】教習所へ通わず試験場で一発合格への道!!編

初心者に優しい原付2種講座

今回は原付1種と2種の違いについてまとめてみました。

原付とは「原動機付自転車」の略称になります

原動機を備えた小型の二輪車のことです。
自転車の俗称「チャリンコ」と組み合わせて「原チャリ」「原チャ」などと呼ばれることも。

その原付ですが排気量に分けて2種類の区分が存在します。

道路運送車両法では、二輪車のうち排気量125cc以下のものを原付として定めています。

このうち排気量50cc以下を「第一種原動機付自転車」、50ccを超え125cc以下の二輪車を「第二種原動機付自転車」としています。

そして125ccを超え250cc以下の二輪車は「二輪の軽自動車(軽二輪)」、250ccを超えるものは「二輪の小型自動車(小型二輪)」として、自動車のカテゴリーに含めています。

ここで原付は基本的に自転車という扱いになります。

原付以上の二輪車は自動車という扱いになります。

ここで注意したのが道路交通法と道路運送車両法で原付の1種と2種に違いが生まれます。

道路運送車両法により、自動車は「登録」されなければ使用してはならないということになっていますが、二輪車については「登録」の対象外となっており、手続きは次のようになっています。

●小型二輪車(排気量250cc超)
運輸局の新規検査後に車両番号の指定を受けることになっています。その手続きは自動車の登録とは異なりますが、実務的には“登録”で通用しています。

●軽二輪車(排気量125超~250cc以下)
運輸局に「届け出」を行い、車両番号の指定を受けることになっています。

原付(排気量125cc以下)
原付一種、原付二種については、運輸局への届け出等は必要ではなく、地方税法により、
市区町村へ地方税の納付申告を行い、ナンバーの交付を受けることになっています。

またバイクにも四輪車と同じように「車検」があります。

●小型二輪車(排気量250cc超)
運輸局の検査は
2年間有効で、期間満了後も継続して使用する場合は、2年ごとに継続検査を受けることになっています。

●軽二輪車(排気量125超~250cc以下)
道路運送車両法の規定により「検査対象外軽自動車」となっているため、
検査を受ける必要はありません
●原付(排気量125cc以下)
原付(125cc以下)は、道路運送車両法でいう自動車ではありませんので、
検査を受ける必要はありません

道路運送車両法の保安基準により、二輪車のヘッドライトはエンジンがかかっている場合には必ず点灯している構造となっています。これは1996年に定められ、1998年4月1日から国内のすべての生産車両(輸入車含む)で義務付けられています。

原付に車検がないからといって、全く点検整備を行わなくて良いというわけではないので、日頃のメンテナンスは欠かさないようにしましょう。

ここまで見ると法律的には大きな違いはありません。

車検もありません。

大きな違いは免許区分にあります。

原付1種は単独でも取得できますが普通自動車免許に付随して付与されます。

しかし原付2種に関しては単独で取得しないといけません。

と、ここまで書いてきてあまり1種と2種を分ける意味があまり理解しづらいかなと思います。書いている私もそう思っています。

その理由はいろいろあります。

排気量による機動力の違いによる規制。

政府が改正に消極的。

 

どれが本当か分かりません。

しかし最近、その原付1種・2種免許を統合しようという動きも出てきました。

その前触れではないかもしれませんが、原付2種の免許は年々取得しやすくなってきています。

メーカーとしても125ccには魅力的な車種がありますので、拡販したい思惑もあるはずですので、今後も政府に働きかけていくと思います。

 

是非、原付2種が広がっていく事を期待します!!

なお原付2種の特徴である2人乗り(タンデム走行)についてまとめた記事はこちら↓↓↓

原付2種の二人乗りについて

 

初心者に優しい原付2種講座

★原付2種取得のための教習所について★

今回は、原付二種免許の取得方法や費用相場について詳しく紹介していきます。
その前に教習所(自動車学校)によっては原付2種を取り扱っていない所もありますので注意してくださいね。さらに免許が取れる基準や入校する際に用意するものもありますので、事前に確認してくださいね。

●免許を取れる基準●
・年齢が16歳以上で、視力が両目で0.7以上、片目で0.3以上
(クリアできない方はメガネ、コンタクトレンズを付けてクリア出来ればOK)
・赤、青、黄色の3つの色の識別が出来る事
10メートルの距離で90デシベルの警音器の音が聴こえなければなりません
これらは適性検査を実施する事で確認されます

●教習所に持参するモノ●
・教習料金
・マイナンバーの記載のない本籍地記載の住民票(本人のみで6ヶ月以内発行のもの)
・身分証明書(健康保険証・住民基本台帳カード・パスポート・学生証・社員証等)
・他免許をお持ちの方は免許証
・視力条件に矯正器具を使用される方は、メガネ・コンタクト
・外国籍の方は、国籍記載の住民票(1年以内発行のもの)

●掛かる時間について●
教習所では学科教習と技能教習を受ける必要があります。
但し学科教習は普通自動車免許を持っている方は免除になります
免許を持っていない方は学科教習が必要ですので、注意をしてくださいね。

 

では学科教習と技能教習の時間を纏めてみました

下の表はまずはすでに普通自動車免許を持っている方の時間割です
【原付2種MTの場合】

MTの場合 技能教習 学科教習
第一段階 5時限 免除
第二段階 5時限 1時限
合計 10時限 1時限

【原付2種AT限定の場合】

AT限定の場合 技能教習 学科教習
第一段階 5時限 免除
第二段階 5時限 1時限
合計 10時限 1時限

下の表は全く免許を持っていない方の時間割です!!
【原付2種MT取得する場合】

MTの場合 技能教習 学科教習
第一段階 6時限 10時限
第二段階 6時限 16時限
合計 12時限 26時限

【原付2種AT限定を取得する場合】

AT限定の場合 技能教習 学科教習
第一段階 3時限 10時限
第二段階 6時限 16時限
合計 9時限 26時限

免許を持っていない方は学科教習の時間が多くなりますので、注意してくださいね。

第一段階と第二段階があります。
・第一段階では「二輪車の乗り方」・「等速走行」・「1本橋」・「クランク」・「S字」・「踏切通行」・「坂道発進」を学びます。
・第二段階では「シュミレーター(路上走行)(危険回避)(雨天走行)」・「危険回避」・「急制動」・「試験コース走行」を学びます。
ちなみに免許を持っていない方は第二段階で「応急救護」という教習も受ける必要もありますので注意してください。
また原付2種免許や二輪免許の場合は第一段階から第二段階へ進む際技能試験や学科試験はありません。第一段階で指導員から「みきわめOK」が出れば、第二段階へ進める様になります。

※上のプログラムをこなすと、最短で2日免許を取れる計算になります
従来は最短でも3日間要しましたが、2018年7月の法改正で2日短縮されました!!

●掛かる費用について●

自動車教習所で取得する場合の料金は、所持免許によってことなります。

また、「原付2種AT限定」で取るのか、MTで取るのかでも料金が変動します。

「所持免許無し」もしくは「原付免許持ち」だと約12万~14万円くらい

「普通自動車免許持ち(準中型免許)」なら約5万~約7万くらいです。

※ただし費用は地域によってかなり差があるようです。
同じ地域でも全く金額が違いますので、入校する前には必ず複数の教習所を当たりましょう!!

ちなみに一発で教習所で受験しようとすると以下の金額位掛かります

  • 受験手数料    2,600円
  • 試験車両使用料  1,450円
  • 免許証交付手数料 2,050円
  • 取得時講習    16,200円
    合計       22,300円になります

ちなみにこれは一発合格した場合の金額です。
費用的には一瞬に教習所に通うより安いのでは?と思う方もいますけど、万が一試験に落ちた場合は、受験手数料2,600円と試験車両使用料1,450円が、次の受験の際に必要です。
だいたい1回で合格する人の割合は10%と言われています。結局何度も通うと費用は教習所よりも高くついてしまう様になってしまいます。

 

まとめ
原付2種の免許を効率よく取るには
 価格を調べて安い教習所に入校し、最短2日間で取得するのがベストだと言えますね

 

ちなみに免許についてはこちらの記事を↓↓

【初心者に優しい原付2種講座】免許はどうなっている?編

ちなみに免許筆記試験についてはこちらの記事を↓↓

原付2種の免許筆記試験内容ってどんな感じ??

ちなみに免許一発で試験についてはこちらの記事を↓↓

【原付2種雑学講座】教習所へ通わず試験場で一発合格への道!!編

初心者に優しい原付2種講座

★原付2種の免許について★

バイクの免許には全部で7つの種類が存在します。

  • 原付免許…50cc以下
  • 小型限定普通二輪免許…125cc以下
  • AT小型限定普通二輪免許…125cc以下のAT
  • 普通二輪免許…400cc以下
  • AT限定普通二輪免許…400cc以下のAT
  • 大型二輪免許…全排気量
  • AT限定大型二輪免許…全排気量のAT

上記のように排気量によって対応する免許が定められており、原付免許以外は自動車と同様にAT限定免許と通常の免許があります。

「原付二種免許」とは上記の免許のうち、小型限定普通二輪免許またはAT小型限定普通二輪免許を指す名称で、125cc以下のバイクに限り運転可能な二輪免許です。取得可能年齢は16歳以上となっています。

★二種免許の取得方法★

原付二種免許を取得するためには主に2つの方法があります。

ひとつは教習所に通い、学科教習と技能教習を受け、卒業検定に合格した後に適性試験と学科試験にパスするというもの。もうひとつは教習所に通うことなくダイレクトに試験場へ赴き、学科・技能試験を受験し合格するという方法です。

教習所に通うことなくダイレクトに試験場で受験することで時間短縮できると思われがちですが、実際の合格率は非常に低く、なかには10回以上挑戦してやっと合格できたという人も珍しくありません。

そのため、教習所にかよって免許を取得するパターンが一般的です。原付二種免許を取得するまでに要する時間は、学科教習が26時間、技能教習で12時間。普通自動車免許を持っている場合は、学科教習が大幅に免除され1時間となり、技能教習が10時間となります。ちなみにAT限定の場合は技能教習が8時間となります。

教習所で原付二種免許を取得する場合、免許を取得する人の疲労が考慮され、1日で教習を受けられる上限の時間が道路交通法によって決められています。これまでは1日で最大3時間までしか教習を受けることはできませんでしたが、2018年7月から最大4時間まで受講することが可能になりました。

AT限定免許の場合は8時間の技能教習が必要となるため、これまでは最短でも3日間の教習時間が必要でした。しかし、今回の法改正によって最短2日間で教習を修了することが可能となり、免許取得のために時間を割くことが難しい人であってもハードルが下がったことになります。

教習が終わった後には卒業検定があり、4時間の教習後に同日で卒業検定を受けられるケースは稀であるため、実質的には3日間の日数が必要ではありますが、それでも従来の取得日数に比べると時間短縮になっていることは間違いありません。

★原付2種取得するまでにかかる費用について★

まずは教習所に通って原付二種免許を取得する場合から見ていきましょう。教習料金における原付二種免許費用の相場は、すでに普通自動車免許を持っているかによっても変わってきます。すでに免許を持っている場合は、7〜8万円程度、普通自動車免許を持っていない場合は10〜12万円程度が相場となっています。ちなみに、AT限定と通常の小型限定を比較すると、AT限定のほうが1万円程度相場は安いことが多いです。

原付二種免許で乗れる125cc以下のバイクはスクーターが圧倒的に多いですが、中古バイクのなかにはネイキッドやスポーツタイプのバイクも少なくありません。教習時間や費用は少し多くなってしまいますが、もし乗りたい車種が原付二種の中に無いと事前に思うのであれば、通常の小型限定普通二輪免許を検討してみるのもおすすめです。

教習所の費用については↓↓でも触れているので一度見てくださいね

【初心者に優しい原付2種講座】教習所の費用は?編

まとめ
原付2種は免許取得のハードルも低く、経済的にもリーズナブルな乗り物です
またその運動性・動力性は高いです!!

ちなみに免許筆記試験についてはこちらの記事を↓↓

原付2種の免許筆記試験内容ってどんな感じ??

ちなみに免許一発で試験についてはこちらの記事を↓↓

【原付2種雑学講座】教習所へ通わず試験場で一発合格への道!!編