電動バイク

原付2種雑学講座

【原付2種雑学講座】原付2種の電動バイク化について編

★原付2種と電動バイクについて★ 最近、バイクの電動化(エンジンがガソリンではなく、電気を使用する)が注目を集めてきました。電動バイクとは電気を動力として走るバイクのことです。 普通のバイクはガソリンを燃料とし、ガソリンを燃焼させた時の空気の圧力を車輪の回転に換えます。 電動スクーターは電気の力でモーターを直接回転させて動かします。 ガソリンバイクはガソリンの燃焼や動力機関の振動による騒音が発生しますが、電動スクーターはモーターの回転音だけなのでずっと静か。 走行キロ当たりのコストもガソリンより低いというメリットがあります。 また、電動スクーターの動力源はバッテリーに蓄えた電気です。 充電は家庭用のコンセントからできますが、逆に電気自動車用の重電スタンドは使えません。 一度の充電での走行距離は大体35~40km程度。 ただし電動スクーターは原付バイクの交通ルールが適用されるので、スピードも原則上限30km/hに規制されます。それらのデメリットを抑え静音や省コストなどのメリットを生かした使い方を考えると、近距離の街乗りにうってつけのバイクといえます。 こういう点からも今後電動バイクは特に原付の世界では広がっていきそうですね。 そして電動バイクの世界にもガソリンバイクの世界同様に排気量(出力)に応じてクラス分けが存在します。
タイトルとURLをコピーしました