原付2種車種別解説講座

★心をとらえてはなさない、現代のハンターカブ。★
本田技研工業㈱HPより

メーカー名 HONDA
全長×全幅×全高 1960×805×1085mm
ホイールベース 1255mm
シート高 800mm
車両重量 120kg
エンジン形式 空冷4ストOHCバルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.4×57.9m
圧縮比 9.3
最高出力 8.8ps/7500rpm
最大トルク 11.0kg-m/4500rpm
燃料供給方式 PGM-Fl
燃料タンク容量 5,3L
最低地上高 165mm
変速機形式 4速リターン
ブレーキ形式 前・後 ディスクドラム
タイヤサイズ 前・後 80/90-17・80/90-17
メーカー希望価格 399,600円

2020年6月26日発売。
スーパーカブのアウトレジャーに特化したモデルになります。
2019年秋の東京モーターショーにコンセプトモデルが出展されて注目を集めたCT125ハンターカブが、正式に発売されます。
これはホンダの「スーパーカブ」シリーズの一翼を担うモデルで、普段使いできる気軽さに加え、郊外へのツーリングやキャンプなどさまざまなアウトドアレジャーへの移動手段としても使える機能性が大きな特徴となっています。「機能的でタフなイメージと現代の生活スタイルとの調和を図りデザインした」という車体のサイズは、全長×全幅×全高=1960×805×1085mmで、ホイールベースは1255mm。シートの高さは800mmで、車重は120kgとなっています。

車体の基本構造は「スーパーカブC125」がベースだが、幅広い走行状況を想定し、出力特性やフレーム剛性のバランスなどを最適化。不整地でのトレッキング性能をより高める装備として、ストローク量110mmのフロントフォークやアップタイプのマフラー、アンダーガードなどが装着されている。最低地上高は、スーパーカブC125の125mmよりも40mm高い165mmを確保。前後にディスクブレーキを採用し、フロントのみに作動する1チャンネルABSも備わっています。

パワーユニットは、最高出力8.8PS(スーパーカブC125は9.7PS)、最大トルク11.0N・m(同10.0N・m)を発生するOHCの空冷124cc単気筒4ストロークエンジンを採用。市街地での頻繁な発進・停止や、ツーリングやトレッキングにおけるゆったりとした巡航などに対応すべく低中速域での力強さを重視した出力特性で、燃費は1人乗車時のWMTCモード値で67.2km/リッター(同66.1km/リッター)と公表されてます。

価格は44万円で、国内の年間販売予定台数は8000台。車体色はグローイングレッドとマットフレスコブラウンの2色が選べます。

エンジンはSUPER CUB C125と同じですが、外観のディテールがアウトドア寄りな雰囲気でとても魅力的なモデルになっています。
気になるのはCROSSCUBとの住み分けですが、排気量、燃費、ブレーキの違い位でしょうか?
あとは費用と好みでの選択になろうかと思います。まあどちらもカッコイイですけど。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
ビジネスユースっぽくない
いい意味でスーパーカブらしくない
短所)
ブレーキが貧弱

まとめ
HONDA CT125ハンターカブは普通のカブでは嫌な人には最適!アウトドア好きな人には一択!!

 

初心者に優しい原付2種講座

★水冷エンジンと空冷エンジンの違いについて★

ざっくりと言ってしまうと空冷と水冷の違いは、ピストンとシリンダーのクリアランスの違いです。
空冷は走行風でエンジンを冷やす構造上、エンジンの温度が高くなりがち。
そのためピストンとシリンダーは熱膨張による影響を受けやすくクリアランスが広い。
対して水冷はシリンダーに冷却水を通すウォータージャケットがあり、強制的にエンジンを冷やす構造。
ピストンとシリンダーの膨張率が小さいためクリアランスは狭くてすみます。
一応違いとしてはこういう仕組みだけのモノですが、実際に走行性能にも違いが表れてきます。
アクセルの反応が空冷は「もさっ」としてます。
水冷はアクセルに応じて、シャキンと加速の手ごたえがある。このシャープな反応が水冷です

空冷エンジンとは。。。
djeber125_cabreter

その名前の通り走行風といった空気の流れを使用してエンジンを冷却する方法を指します。
空冷エンジンの最大のメリットは水冷エンジンのようにエンジン内部に冷却水を通すための複雑な構造を必要としないので、構造が単純となり製造コストを安く抑えられる点にあります。
また、空気の力を使用してエンジンを冷却することから、エンジンに風が当たる面積を最大限に増やすためにシリンダーの周囲に羽根状の空冷フィンを多数設置するのですが、この空冷フィンが作り出す独特な雰囲気に魅了されるライダーも多いです。
メリットとしては構造が単純であり、エンジン自体が軽量になる事や製造コストが安い事や整備がしやすい事が挙げられます。
またこれは好みですが、独特のエンジン音やエンジン自体の造形美が気に入る方も見られます。
デメリットとしては空冷式のエンジンは主に走行風を利用してエンジンを冷却するので、渋滞にはまってしまうなど動けない状況が続くとエンジンの熱は上昇する一方となり、安定して冷却することが出来る水冷式と比べると冷却効率が悪くなる点です。
水冷エンジンとは。。。
ラジエター
シリンダーやシリンダーヘッドといったエンジン内部に冷却水用の通路を用意することで、冷却水にエンジンの熱を吸収させて冷却させる方法を指します。
水冷エンジンの最大のメリットは空気ではなく水を使用するので冷却効率が高く、エンジン温度が上昇しがちな夏場でもエンジンの温度を低く抑えられる点にあります。
その為、空冷エンジンでは採用が難しいような高性能のハイパワーエンジンでも均一に冷却することが可能で安定した性能を発揮することが出来るのです。
また、空冷エンジンのように冷却フィンを必要としないので見た目をスッキリとさせたり、エンジンを水で包んでいることからエンジンが発する音を水が減衰してくれるので騒音面でも有利となります。
メリットはエンジン温度が上昇しそうな夏場でも冷却効果が期待できる事、空冷エンジンでは成立しない高性能エンジンができる点、さらにエンジンを水で包んでいることからエンジンが発する音を水が減衰してくれるので騒音面でも有利になります。
またここは好みですが見た目が空冷エンジンとは異なりすっきりとしたデザインのエンジンが多いです。
デメリットとしては水冷エンジンではエンジン内部に冷却水を通す通路が必要があるので、空冷エンジンと比べると構造が複雑となるので重量が増してしまう他、製造コストが高くなってしまうという点です。

最近では国産メーカーでは空冷エンジンが減りつつ傾向にあります。
これは排ガスや騒音規制の為と言われています。
具体的には空冷でエンジンを実現しても大幅に(30%程)パワーダウンしてしまうからで、それではスポーツバイクとして機能を果たさないからです。
対して水冷エンジンであればそれほどコストも掛けずにパワーアップが図れるので増えてきているというのが実情です。
ただし海外メーカーでは未だに空冷エンジンの方が強い場合もあります。
これは空冷信仰ともいうべき、空冷エンジンに対する信頼性やブランドみたいな所が根強くあり、残っていくと思われます。
また125ccの世界で見てみると、空冷エンジンと水冷エンジンの比率は大雑把にみて50対50という所でしょうか?
傾向としては大型モデルや海外メーカーは水冷エンジンを採用しているモデルが多いです。
逆に小型モデルなどは空冷エンジンを採用している傾向にあります。
125ccにおいても違いは通常バイクと同様になりますので、エンジン特性から来る走りの違いを踏まえて選んだりしてみるのもいいのではないでしょうか?

まとめ

水冷エンジンと空冷エンジンの違いはエンジンの冷却方法の違い
125ccの世界では半々で採用されていますが、この違いが選択の決め手にはなりにくいです

なおエンジンの知識でもう一つの分け方をまとめました
↓↓↓参考にしてくださいね

【初心者に優しい原付2種講座】4スト・2ストエンジンの違いって編

原付2種車種別解説講座

★街にも自然にもフィットする、軽快でアクティブなスタイル★
New Cub is Your Cub. 遊びゴコロをのせて走ろう。
本田技研工業㈱HPより

メーカー名 HONDA
全長×全幅×全高 1935×795×1090mm
ホイールベース 1230mm
シート高 784mm
車両重量 106kg
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 109cc
ボア×ストローク 50×55.6mm
圧縮比 9.0
最高出力 8.0PS/7500rpm
最大トルク 0.87kg-m/5500rpm
燃料供給方式 PGM-F1
最大燃料タンク容量 4.3L
キャスター角/トレール 27度/78mm
変速形式 4速リターン(停車時ロータリー式)
ブレーキ形式 前・後 ワイヤー式ドラム
タイヤサイズ 前・後 80/90-17 80/90-17
メーカー希望価格 334,800円

スーパーカブの源流はビジネスバイクで、クラッチ操作なしの運転が可能な自動遠心クラッチを採用したり、スカート姿でもまたげる様に独特な形状のメインフレームボディが特徴です。
移動の足・商売の欠かせない手段として60年に渡り愛され続けてきました。
その中で経済的で頑丈がゆえに違う用途に使う層が誕生してきました。
それが遊びの相棒としての「スーパーカブ」です。カブラキットなるオプションが発売された事があったり、かわいいリトルカブが登場したこともありました。
その中でアソビに使えるカブとして2012年登場したのが初代クロスカブです。
現行モデルはその2代目にあたりリニューアルされました。
乗車定員を2名としてタンデムステップを装着、レッグシールドを廃止してスタイリッシュに仕上げられています。
110ccのエンジンは先代よりもグッと静粛性が増し、低振動になった印象を受けます。
走り始めてみるとサスペンションがソフトで乗り心地がよくふわふわとした感触になりました。
ミッションは4速リターンの踏み返し付ペダル付きで、つま先とかかとでミッションを操作します。
つま先で踏み込んで1→2→3→4速までシフトアップ、かかとで踏み込んでシフトダウン、停車時のみシフトアップして行って4速の次がニュートラルとなります。
110ccもあるとトルクがあり、加速も鋭くなり交通の流れの妨げにもなりません。
ローギアだとすぐにふけ切ってしまうのでギクシャクしがちですが、2速発進にしてみてもスムーズに走れる余裕があります。
セミブロックタイヤで車体剛性もビシッとしています。
直進安定性が高くてハンドリングも素直です。
前後ドラムのブレーキはちょっと心許ないです。
ほかにも吸盤式で持ち上がるシート下にキーロック付きのキャップの給油口があったり、スーパーカブシリーズ唯一の黒リムを採用しています。文字盤にカモフラ柄をあしらったスピード表示のみアナログメーターなど細部にわたり差別化が図られています。

個人的総合評価は★★★☆☆

長所)
ビジネスユースっぽくない
いい意味でスーパーカブらしくない
短所)
ブレーキが貧弱

まとめ
HONDA CROSS CUB110は機能美・造形美に加え価格も値ごろです。このフォルムが好きな人は買い!

 

原付2種車種別解説講座

★毎日の暮らしを、自分らしく楽しみたい。★
本田技研工業㈱HPより

メーカー名 HONDA
全長×全幅×全高 1860×695×1040mm
ホイールベース 1205mm
シート高 735mm
車両重量 99kg
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 110cc
ボア×ストローク 50×55.6mm
圧縮比 9.0
最高出力 8PS/7500rpm
最大トルク 0.87kg-m/5500rpm
燃料供給方式 PGM-F1
最大燃料タンク容量 4.3L
キャスター角/トレール 26度30分/73mm
変速形式 4速リターン
ブレーキ形式 前・後 ドラム ドラム
タイヤサイズ 前・後 70/90-17 80/90-17
メーカー希望価格 275,600円

 スーパーカブが誕生して60年以上経ちます。50代以上のライダーなら一度は乗った事があるスーパーカブ。通勤通学に買い物。営業廻り。配達など1958年の登場以来庶民の足として大ヒットした乗り物だけに身近にある存在です。
ただ実用モデルだけに野暮ったく見えたのも事実。60年代の学生はスポーツモデルで学校に乗り付ける事がカッコいいとされていました。70年代からはレジャーモデル・スクーターが台頭して趣味性とは無縁なスーパーカブは働くバイクのイメージが強まり若いライダーとの接点は減っていました。 80年代の空前のバイクブームの時にはスポーツモデルは一気に高性能化しましたが、スーパーカブはそういう時流に影響されず完成度を追求していました。
90年代に入ると高性能バイクに対するカウンターとしてスーパーカブを洒落たストリートバイクとして扱うライダーが増え97年には前後ホイールを14インチに小径化したリトルカブが人気を博していました。
90年代に入ると国内需要の減少が顕著になる一方で東南アジアでの販売台数は右肩上がり。そこで09年型の110から部品の半数以上をタイから輸入して熊本製作所で組み立てる手法を取り、2012年からは生産を中国工場に移管する事になりました。現行型から再び熊本生産となりましたが、これは製造・流通のコストを見直した結果であり、新型スーパーカブが再びメイドインジャパンを取り戻した証でもあります。
110はパワーに十分な余裕があり、市街地での交通の流れをリードする事も簡単ですし、急な上がり坂でも失速する様なことはありません。荒れた路面や段差での安定感は小径ホイールのスクーターとは比べものにならないほど高く、車重バランスが後側に寄っているスクーターとは違うニュートラルなハンドリングで渋滞路も軽快に走れ接地感も伝わってきます。「働くバイク」と呼ぶにはもったいない扱いだと思います。
登場以来60年間も基本設計が変わっていない素晴らしさを感じずにはいられないモデルです。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
価格がお手頃
ビジネスユースっぽくない
細部まで拘った造形美・機能美
短所)
限定販売の為、購入機会が少ない
原付2種の中では馬力不足

まとめ
HONDA SUPERCUB 110 は機能美・造形美に加え価格も値ごろです。このフォルムが好きな人は買い!

原付2種車種別解説講座

★走る喜びを追求したハイブリッドシステム。★
本田技研工業㈱HPより

メーカー名 HONDA
全長×全幅×全高 1925×745×1105mm
ホイールベース 1315mm
シート高 764mm
車両重量 135kg
エンジン形式 水冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.4×57.9mm
圧縮比 11.0
最高出力 12PS/8500rpm(エンジン)

1.9ps/3000rpm(モーター)

最大トルク 1.2kg-m/5000rpm(エンジン)

1.2kg-m/(モーター)

燃料供給方式 PGM-F1
最大燃料タンク容量 8.0L
最低地上高 137mm
変速形式 Vベルト無段変速
ブレーキ形式 前・後 φ220mm ディスク・ドラム
タイヤサイズ 前・後 100/80-14・120/70-14
メーカー希望価格 432,000円

日本で一番支持されている125ccスクーターであるPCXのハイブリッド版です。量産市販車初のハイブリッド車として登場し、モデルチェンジの度にその魅力を増してきています。
PCXとの最大の違いはモーターアシスト機構によるスタートダッシュの鋭さで、市街地では当たり前の青信号と同時にワイドオープンという操作では動き出しの鋭さと50km/hあたりまでの加速が圧倒的に速いです。スロットルを開いて4秒間がフルアシストで以後はアシスト力が弱まってエンジンのみの走行に移行します。アシスト状態はメーターのインジゲーターを見ていないと判らないほど滑らかに制御されています。 イメージとしては燃費向上の為のハイブリッドではなく、電動アシスト自転車の様な走行性能補助の為のハイブリッドというイメージです。
デフォルト設定の「D」モードでもPCX150なみの力強さで「S」モードで初めて全開にした時は動き出す瞬間に状態が置いていかれるほどの加速感があります。
ゼロ発進の鋭さは遠心クラッチのミート回転数を高める事でも実現できますが、そうした設定だと騒々しい上に唐突にダッシュする為に市街地や滑りやすい路面では扱いにくい所か危険な場面もありますが、このモデルではスロットル開度にあわせてモーターのアシスト力を調整するので唐突さは全くありません。特にDモードは自然な加速で言わなければモーターアシストの存在には気が付かないと思います。Sモードとの違いはこの動き出しの瞬発力で速度が乗るほどにアシスト力の差が感じなくなります。DモードでもノーマルのPCXよりもはるかに力強いので、Dモードだけでも十分です。
なおノーマルPCXでは停止から約3秒でアイドリングストップ機構が働き、エンジンが止まるので再始動のタイムラグを嫌ってこの機能をオフにする人もいるが、ハイブリッドPCXでは停止から約0.5秒でエンジンが止まり、再始動すると同時にアシスト力が加わって加速を始めるのでアイドリングストップ機構は邪魔になる事はないです。
ハイブリッド化で増した重量は5kg。ノーマルPCXと交互に乗ってもその差はほとんど感じられずハンドリングも制動力も変わりません。むしろ坂道走行やタンデム走行の機会の多い人は積極的にハリブリットPCXを選ぶ方がいいと思います。

個人的総合評価は★★★★★

長所)
高い運動性と先進性が融合されている
ユーティリティも高い
走行性能がクラス最上位

短所)
価格が高い

まとめ
HONDA PCX HYBRIDは、欠点のすくない万能スクーター!どれにしようか迷っている人はこちら1択!!

原付2種雑学ブログ

今回は日本を代表する原付2種のスクーター2台の比較です。

PCXとNMAXのブレーキ性能で比較 | ホンダ PCXとヤマハNMAXどっちを選ぶ

PCX 項目 NMAX
1925×745×1105mm 全長×全幅×全高 1955×740×1115mm
1315mm ホイールベース 1350mm
764mm シート高  765mm
130kg 車両重量 127kg
水冷4ストOHC2バルブ単気筒 エンジン形式 水冷4ストOHC2バルブ単気筒
124cc 総排気量 124cc
52.4×57.9mm ボア×ストローク 52.0×58.7mm
11.0 圧縮比 11.2
12PS/8500rpm 最高出力 12PS/7500rpm
1.2kg-m/5000rpm 最大トルク 1.2kg-m/7250rpm
PGM-F1 燃料供給方式 F1
8.0L 最大燃料タンク容量 6.6L
137mm 最低地上高 135mm
Vベルト無段変速 変速形式 Vベルト無段変速
φ220mm ディスク・ドラム ブレーキ形式 前・後 ディスク・ディスク
100/80-14・120/70-14 タイヤサイズ 前・後 110/70-13・130/70-13
352,000円 メーカー希望価格 351,000円

スペック的には上の表に纏めましたが、見た目の数値はほぼ互角ですね。。

取り回し関してはPCXの方が全長や全高・シート高が小さくなっていますね。
数センチの差ですが、PCXの方がNMAXよりもコンパクトな車体だといえます。取り回しのしやすさや乗り降りのしやすさは、PCXの方に軍配が上がります。

燃費性能に関してはPCXの方が優れています。さらに燃料タンク容量も8.0Lあります。
またアイドリングストップもあり燃費はNMAXを上回ります。
それぞれの航続距離を計算してみると。。
PCX→50.6km/L×8.0=404km    NMAX→43.6km/L×6.6=288km
一回の給油で116kmも走行距離に違いが生まれます。ここらはPCXに軍配が上がりそうです。

最高出力はNMAXが9kWでPCXが8.6kWとなっています。車体重量はNMAXが127kgでPCXが130kgですから、3kgもNMAXの方が軽いことになりますね。そのため、加速性能に関しては、NMAXの方が上ということです。ちなみにパワーウェイトレシオは以下の通りになります。
PCX→130kg/8.6=15.11kg/kW  NMAX→127kg/9=14.11kg/kw
小さい数値の方が優れていますので、ここはNMAXに軍配が上がります

エンジンに関してはPCXは環境性能や日常での使いやすさを優先したESPエンジンとなっています。方やNMAXは走りの楽しさと燃費環境性能を両立したブルーコアエンジンです。
スペック的にはどちらも12hpですので出力は互角ですが、燃費性能を優先した場合にはアイドリングストップ機能がついているPCXが、また走りの楽しさを優先した場合には可変バルブ機構(VVA)が備わっているNMAXとなります。
ですが、ここはトータル(振動・燃費・速さ・騒音等)で判断するとPCXに軍配が上がりそうです。(僅差ですが。。)

タイヤに関しては差があります。PCXは軽い感じがします。取り回しが利くというか、ハンドル動作に機敏に反応するという感じです。それに対してNMAXの方はタイヤが太いため安定感があります。機敏にハンドルに反応するというよりもどっしり安定感があります。
よってここではNMAXの方に軍配が上がります

ABSに関してはNMAXは標準装備ですが、通常のPCX(ハイブリッドには付いてます)には付いていません。PCXも通常のブレーキも優秀ですが、やはり標準装備されているNMAXの方に軍配が上がりますね。

以上の面から色々と判断しますと。。
NMAXは通勤通学だけではなく、ショートツーリングなどを走りを楽しみたい人向き。
PCXは通勤通学の利用などの日常使いに主眼を置きたい人向き

こんな分け方でしょうか?

ただ販売台数上では圧倒的にPCXの方が売れていますので、PCXの方が高いレベルで性能が纏められていて、多くのライダーの支持を得られているという事かもしれません。
確かに、基本性能だけでなく、小物類の収納や、灯火類のLED化・アイドリングストップなど細かい所までフォローが行き届いている印象を受けます。減点箇所が少ないといった所でしょうか?
そつなく纏めれている1台です。
片やNMAXはPCXに比べて車体が軽い事から運動性能が高く、また可変バルブ機構(VVA)を備えた走りを重視したブルーコアエンジンからしてPCXに比べてスポーティな印象が強いです。
またPCXほどの台数が出荷されていない為、誰かと同じものは嫌だという方やABSは必須装備だという方にはうってつけの1台です。

まとめ

PCXは原付2種のスクーター王道
NMAXはPCXとは違うスクーターに乗りたい方向け。

より詳しくPCXの内容を知りたい人は↓↓↓

【原付2種車種別解説講座】HONDA PCX

より詳しくNMAXの内容を知りたい人は↓↓↓

【原付2種車種別解説講座】YAMAHA NMAX ABS

 

原付2種車種別解説講座

★MAXシリーズのDNAを受け継ぐグローバル・スタンダード。★

NMAX
ヤマハ発動機㈱HPより

メーカー名 YAMAHA
全長×全幅×全高 1955×740×1115mm
ホイールベース 1350mm
シート高 765mm
車両重量 127kg
エンジン形式 水冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.0×58.7mm
圧縮比 11.2
最高出力 12PS/7500rpm
最大トルク 1.2kg-m/7250rpm
燃料供給方式 F1
最大燃料タンク容量 6.6L
最低地上高 135mm
変速形式 Vベルト無段変速
ブレーキ形式 前・後 ディスク・ディスク
タイヤサイズ 前・後 110/70-13・130/70-13
メーカー希望価格 351,000円

 NMAXはTMAXを頂点とするMAXシリーズの末弟としてヤマハのクラス最高級モデルとしての位置づけとなります。またHONDAのPCXのライバルでもあります。125ccクラスとしては大柄ですが、250ccスクーターに見られる長くて低いフォルムではなく、固まり感のあるフォルムをまとい車重も127kgなので取り回しは楽です。ラインディングポジションにも余裕があり、大柄なライダーでも窮屈さは感じないです。足を置く場所の自由度も高く、フロアボード前側に足を伸ばせばリラックスした姿勢も取れます。
エンジンはヤマハがブルーコアと呼ぶ高効率燃焼、高冷却性、ロス低減の思想に基づいて新開発した水冷4バルブ単気筒。注目は低中回転域と高回転域で吸気バルブの作動を変えるVVA(可変バルブ)機構。この切り替えは音もショックもないので感覚的にはシームレス。遠心クラッチが繋がる回転数が高めなので、ゼロ発進が力強く、一気に60km/hまで加速します。
NMAXはVVAの恩恵で80km/hを超えても加速感が落ちません。加えてどの速度域でも振動が少なく、小排気量エンジンらしからぬ上質さがあり、燃費は改善され満タンで300km程度は走れます。

ブルーコアエンジンの完成度もさることながら、車体全体の高い剛性感。これはフレームだけでなく、前後サスペンションの剛性と専用に開発された13インチタイヤが効いていると思われます。
NMAXは強めにブレーキを掛けながらバンクさせても不安がありません。この感覚はTMAXに通じるものがあります。そうしたシャッキリとした操縦性と引き換えに乗り心地は若干固め。高級スクーターらしい快適性を求めるか?キビキビとした走りを求めるかで評価は分かれる所です。個人的にはスポーティな走りを求めているので評価しています。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
ブルーコアエンジンによるスポーティな走り
PCXほどの台数が走っていない為差別化できる

短所)
リセールバリューが弱い

まとめ
YAMAHA NMAX ABSはブルーコアエンジンによるスポーティな走りができるスクーター!
PCXとは違うスクーターを探している人は是非こちらを!

永遠のライバルであるHONDAのPCXとの比較記事も作成してみました↓↓↓

【原付2種雑学講座】 PCX vs NMAX どちらがいいか?

原付2種車種別解説講座

★先進感とプレミアム感を融合。★
本田技研工業㈱HPより

メーカー名 HONDA
全長×全幅×全高 1925×745×1105mm
ホイールベース 1315mm
シート高 764mm
車両重量 130kg
エンジン形式 水冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.4×57.9mm
圧縮比 11.0
最高出力 12PS/8500rpm
最大トルク 1.2kg-m/5000rpm
燃料供給方式 PGM-F1
最大燃料タンク容量 8.0L
最低地上高 137mm
変速形式 Vベルト無段変速
ブレーキ形式 前・後 φ220mm ディスク・ドラム
タイヤサイズ 前・後 100/80-14・120/70-14
メーカー希望価格 352,000円

原付2種のスクーターの多くは通勤通学時の短距離移動を主眼とした質実剛健さが特徴ですが、ひと味違うキャラクターで人気なのがPCX。現行型で大きく変わったのがアンダーボーンからダブルクレードルになったメインフレームでこれにより車体剛性が高まり、さらにフレーム単体で3kg近い軽量化にも成功。40km/hを越した辺りからハンドリングがよくなり、コーナーリングの応答性も良くなりました。コーナーリング中にギャップを通過した際や素早く切り替えした時の前後タイヤがバラバラに動く様な挙動が明らかに減りシャキリとしたハンドリングになりました。
ただ常用速度域や日本の道路状態、タンデム走行などを考慮するとサスペンション設定はもう少しソフトな方が快適かもしれません。欲を言えばリアサスにイニシャル調整機構が欲しい所です。
PCXが人気な理由のひとつに変速設定の巧みさがあります。小排気量スクーターはエンジンパワーを有効に使うため、発進時高めの回転で遠心クラッチが繋がり、フル加速中は最大トルクを発生する回転域を保つ車種が多く、常に高めの回転を使うのでせわしくなく感じますし、実際に燃費の低下も招きますが、PCXは過不足のない発進加速性能と低速走行時ジェントルさをバランスよくさせ、アイドリングストップ機構と合わせ技で街での実用域での燃費が非常にいいです。さらに新型は高回転域でのパワーが増強され追い越し加速もさらに力強くなりました。
また携帯しているだkでエンジン始動が可能なスマ―キーシステムにはキーにはウインカーを点滅させるアンサーバック機構も付いています。
また近未来的なデザインを採用している反転表示液晶のデジタルメーターには平均燃費計なども完備しています。
左レバーを握るだけで前後ブレーキが作動するコンビブレーキの設定も絶妙で普段使いなら右レバーに触る事は無いです。ブレーキング時の挙動が安定している事も大径ホイール採用のメリットのひとつで、ラグジュアリー感と動力性能を底上げした同モデルの完成度の高さは納得のいくものとなっています。
これだけの動力性能と先進的な機能が満載のPCXですので、人気が出ないわけがなく。原付2種の世界においてはトップシェアを誇っています。今後もますますこの傾向に拍車が掛かると予想されます。

個人的総合評価は★★★★★

長所)
高い運動性と先進性が融合されている
ユーティリティも高い

短所)
PCXの台数が多く、被ってしまう可能性がある

まとめ
HONDA PCXは原付2種の大型スクーターのパイオニア、原付2種のスクーターで迷っている人即買いしても問題なし!

永遠のライバルであるYAMAHAのNMAXとの比較も記事にしてみましたので↓↓↓

【原付2種雑学講座】 PCX vs NMAX どちらがいいか?

 

 

原付2種車種別解説講座

★トラディショナルでありながら、すべてが新しい。★

本田技研工業㈱HPより

メーカー名 HONDA
全長×全幅×全高 2040×820×1055mm
ホイールベース 1345mm
シート高 815mm
車両重量 127kg
エンジン形式 水冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 58×47.2mm
圧縮比 11.0
最高出力 13PS/10000rpm
最大トルク 1.0kg-m/8000rpm
燃料供給方式 PGM-F1
最大燃料タンク容量 10L
キャスター角/トレール 24度12分/90mm
変速形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 ディスク ディスク
タイヤサイズ 前・後 110/70-R17・150/60-R17
メーカー希望価格 448,200円

CB1000Rを頂点とするHonda独創のスポーツバイクである「ネオスポーツカフェ」の新世代CBシリーズの末弟がこのCB125Rです。650の登場でイメージが統一された1000/650/250/125の4兄弟展開となりました。先代モデルから水冷SOHC単気筒エンジンのまま、先代のツインチューブフレームからシンプルな形状のパイプフレームへ変更され、約10kgの軽量化に成功。さらにライトスポーツの色合いを濃くしたCBシリーズになっています。
スタイリングだけでなく、大きく変わったのがハンドリング。軽量なフレームの中央にエンジンやマフラーなどの重量物がマウントされハンドリングがより軽快になりました。
さらに剛性の高い倒立ウォークやモノサスのおかげで腰砕け感のない、しっかりとした直進安定性と運動性を両立し125ccとは思えないほどのスポーティに仕上がっています。
エンジンはやはり125ccなりのトルクしかないですが、ミッションのレシオ配分がよく、スタートダッシュで不満を感じさせない加速感が味わえます。さらに2~5速のつながりがよく、6速がオーバードライブレシオになっていることで、トップギアのクルージングも回転も上がりすぎずに快適な走行が楽しめます。またSOHCを採用していて中回転域でのトルク特性を重視しており、また扱いやすさを優先した水冷シングルです。
装備面でも倒立フォークやモノサスはもちろん、ABSが標準装備され、キャリパーはラジアルマウントの対向4ピストン・前後キャストホイール&ウェーブディスクを採用し、さらに兄弟モデルの250Rでさえ持っていないギアポジションインジゲーター付きのフルデジタル液晶メーターも原付2種のレベルをはるかに超えています。
LEDヘッドライトは流行りの異形デザインとせず、他のCBシリーズ同様に丸目スタイルを採用してCBらしさを演出しています。
かつての125Rといえば、兄貴モデルのおさがりで装備面がプア、走りも質感もいまいちというイメージが拭えなかったですが、現行モデルはCB250Rと同等の装備品を備えています。
原付2種なので、高速道路は走れませんが、二段階右折不要や法定速度が60km/hと原付1種の不便はないので、125ccのスポーツモデルとしての地位を確立しているといっていいと思います。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
スポーツ走行を楽しみたい人向け
CBシリーズの世界観を感じたい人向け

短所)
スポーツにシフトしすぎている。

まとめ
HONDA CB125Rはスポーツバイクの入門編、これからバイクツーリングを始めようとする人は買い!

 

原付2種車種別解説講座

★誰にも似ていない、誰にも真似できない。★

本田技研工業㈱HPより

メーカー名 HONDA
全長×全幅×全高 1755×730×1000mm
ホイールベース 1200mm
シート高 760mm
車両重量 104kg
エンジン形式 空冷4ストOHC2バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.4×57.9mm
圧縮比 9.3
最高出力 9.8PS/7000rpm
最大トルク 1.1kg-m/5250rpm
燃料供給方式 PGM-F1
最大燃料タンク容量 5.7L
キャスター角/トレール 25度/81mm
変速形式 4速リターン
ブレーキ形式 前・後 ディスク ディスク
タイヤサイズ 前・後 120/70-12・130/70-12
メーカー希望価格 351,000円

グロムは最近の原付2種でのスクーターが主流の中貴重なラインディング技術を習得できるエントリークラスのバイクです。スロットワークに加え、クラッチとシフト操作を連携させ、回転数によって変わるエンジンパワーを状況に応じて使うスポーツライディングが出来るのがグロムです。マニュアルクラッチと4速ミッションを備え、パワー特性は穏やかなので練習にはうってつけの特性を兼ね備えています。これはコミューターとしての乗り易さを求めた結果でもあります。
小柄な車体+前後12インチの小径ホイールで市街地から舗装林道まで安定した走行が可能。
これはメイン市場のアジア市場を見据えたセッティングで荒れた舗装林道でも不安なく走行可能です。また穏やかなハンドリングは初心者にとってもとても安心できるものとなっています。
ただ、目いっぱい飛ばすと前後サスペンションががたつくので、小径ホイールのネガティブな部分が露呈します。速度に伴ってホイールベースの短さに起因する突き上げ感も強まるので、快適に走行できるは70km/h程度ですが、原付2種であれば問題ありません。
エンジンはカブ系の発展版である水平シリンダーの空冷単気筒エンジンはフラットな特性で、タコメーターも必要ない程。高回転でパワーが盛り上がる特性ではないので、早めのシフトアップが効率的。5,6速までは必要ない印象。
先代モデルとの違いは外装デザインとハンドル・シートの変更に伴うラインディングポジションの変更くらいで、パワーやハンドリング特性は踏襲されています。この事はグロムがいかに世界戦略車として完成度が高った事を物語っている証でもあります。
スポーツモデルとミニバイクの中間的な性格。実用からミニバイクレースと幅広い用途に使えるグロムはカスタムパーツも豊富でオートバイ入門にはぴったりの1台となっています。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
オンオフどちらも走行可能
バイク初心者向け

短所)
中途半端な位置づけ

まとめ
HONDA GROMは初心者向けバイク、これからバイクを始めようとする人は買い!