KYMCO

原付2種車種別解説講座

【原付2種車種別解説講座】KYMCO TERSELY S125

本国である台湾だけでなくヨーロッパでも高いシェアを誇っているKIMCOにおいてこのターセリーSはヨーロッパで主流になっている「ハイトホイール」と呼ばれるタイプでフロント16インチ・リア14インチのホイールを装備しているのが特徴です。 車体サイズは同クラスのスクーターとしては標準的ですが、背筋が伸びるライディングポジションと着座位置の自由度が高いシート形状で実際のサイズ以上に余裕があり、センタートンネルのないフラットなフロアボード形状で乗り降りも非常に楽で、実用性に徹した設計コンセプトになっています。
原付2種車種別解説講座

【原付2種車種別解説講座】KYMCO DOWNTOWN 125i ABS

台湾を代表するメーカーキムコさんの超大型スクーターです。 兄貴分の350と同じ共通ボディサイズを与えられているモデルで、見た目は125ccとは思えなくなっています。イタリア人デザイナーが手掛けたというスタイリングは欧州車のテイストを感じせさせる上品なもので、全長2250mm,ホイールベース1553mmというとてつもない大きさです。 当然ながら極太のフロントフォークなど車体関係は非常に堅牢なものになっています。 この大型ボディを引っ張るパワーユニットは水冷のSOHC4バルブエンジン。パワーはこのクラスのスポーツモデルに匹敵する14.3PSで力強い加速を実現しています。本格的なスポーツモデルに匹敵するものです。
タイトルとURLをコピーしました