原付2種動画ブログ

Thanks for watching. Subscribe to my channel

Follow Me On Facebook – www.facebook.com/TheHyperRider0

Follow Me On Instagram – www.Instagram.com/TheHyperRider0

Follow Me On Facebook Page – www.facebook.com/TheHyperRider00

Contract mail – Thehyperrider0@gmail.com

原付2種動画ブログ

Thanks for watching. Subscribe to my channel

Follow Me On Facebook – www.facebook.com/TheHyperRider0

Follow Me On Instagram – www.Instagram.com/TheHyperRider0

Follow Me On Facebook Page – www.facebook.com/TheHyperRider00

Contract mail – Thehyperrider0@gmail.com

原付2種車種別解説講座

★コンパクトでスタイリッシュなボディと高い実用性。★
株式会社スズキ二輪HPより

メーカー名 SUZUKI
全長×全幅×全高 1830×690×1095mm
ホイールベース 1250mm
シート高 760mm
車両重量 114kg
エンジン形式 水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.5×57.4mm
圧縮比 10.3
最高出力 9.4PS/7000rpm
最大トルク 1.0kg-m/6000rpm
燃料供給方式 F1
最大燃料タンク容量 5.5L
キャスター角/トレール 25.5度/77mm
変速形式 Vベルト無段変速
ブレーキ形式 前・後 ディスク・ドラム
タイヤサイズ 前・後 100/90-10・100/90-10
メーカー希望価格 318,600円

スウィシュは洗練されたスタイリングに上質感がありますが、乗ると「通勤快速」と名を馳せたアドレスシリーズのDNAがしっかりと受け継がれていて、スズキらしい質実剛健なオートバイ作りの姿勢が垣間見えます。
車体はアドレス125より全長で70mm短く、全幅はほぼ同じで車重は5kg程軽くPCX/NMAXなどに比べると明らかに軽量コンパクトなモデルです。
前後10インチホイールという小径ホイールの採用も大きく影響していて取り回しの良さはずば抜けています。スペックを見て気になったのはアドレス125と変わらないエンジン。9.4馬力というパワー。トルクの発生回転数を見ても特に低回転トルクを重視した対応ではないので、12馬力を要するPCX/NMAXに対して動力性能には不利に思えますが、実際に乗り比べると引けを取らない所か、ゼロ発進から60km/hまでがとにかく速いです。クラッチミートは約3000回転で、スロットル全開時は最大トルク発生回転の6000回転をキープして元気いっぱいの加速を見せてくれます。
パワー/トルクのピーク値だけでは判断できないエンジン特性と絶妙な変速セッティング、車重の軽さの合わせ技が生み出した結果といえます。
ハンドリングはアドレス110は前後14インチ、125は前12、後ろ10インチ、スウィシュは前後10インチホイールを採用していますが、アドレスV125と同サイズで荒れた路面では安定性不足になりがちですが、新設計の車体で低重心化されている事と前後のサスペンションのグレードを高めた事でアドレス125と同等以上のスタビリティを誇っています、
意図的に大きなギャップを超えると小径ホイールにピョコピョコ感が出ますが、日本の市街地の道路状況なら何ら不安なく、それどころか小径ゆえの軽快性が前面に出てきます。
装備面においても豪華さを演出するのではなく、通勤通学といった現実的な使用環境下での実用性を最優先したものになっており好感が持てます。
特にフラットなフロアボードの実用性には個人的に評価しています、
自動車でいうなら、必要最低限の装備を完璧に備えたスタイリッシュなミニバンの様なモデルです。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
車体が軽く小回りが利く
快適装備が程よくついている

短所)
派手さは無い

まとめ
SUZUKI SWISHは小回りの利くスクーター!
通勤通学にスクーターを探している人は是非こちらを!

原付2種車種別解説講座

★スーパースポーツのDNAを受け継ぐ★
株式会社スズキ二輪HPより

メーカー名 SUZUKI
全長×全幅×全高 2000×700×1035mm
ホイールベース/地上高 1300mm/165mm
シート高 785mm
車両重量 133kg
エンジン形式 水冷4スト単気筒DOHC4バルブ
総排気量 124cc
ボア×ストローク 62×41.2mm
圧縮比 11.0
最高出力 15PS/10000rpm
最大トルク 1.1kg-m/8000rpm
燃料供給方式 F1
最大燃料タンク容量 11.0L
キャスター角/トレール 25.3度/93mm
変速形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 φ290mmディスク・φ187mmディスク
タイヤサイズ 前・後 90/80-17・130/70-17
メーカー希望価格 354,2400円

SUZUKIが誇るネイキッドスポーツGSX-Sシリーズの末弟で、125ccの世界では貴重なフルサイズスポーツモデルです。125ccにもグロムやZといったマニュアル車がありますが、両車共乗り易さを最優先した穏やかな特性のエンジンにワイドレシオの4速ミッションという組み合わせかつ前後に小径ホイールを採用したミニバイクの位置づけでパワーとハンドリング性能をきっちりと引き出して走るようなバイクではありませんが、GSX-S125ABSは15馬力を発生するエンジンに6速ミッション・前後17インチホイールという本格的なパッケージングのバイクとなっており、走りの質が大きく異なります。
車体サイズは250より一回り以上小さいですが、ポジションさに窮屈さはありません。むしろ上体を起こしたり、タンク上に伏せる事がスムーズに行え、前後タイヤへの荷重コントロールを身に付けやすくなっています。サスペンションの動きやタイヤのグリップ状態が明確に伝わってくるのもhるサイズの車体の恩恵です。
エンジン特性は高回転・高出力型の典型的なスポーティなエンジンとなっており、鋭くダッシュするにはしっかりと回転を挙げて効率的な半クラッチ操作を行う必要があります。またダイレクトなスロットルレスポンスを得るには的確なギア選択」と素早いシフト操作で7000回転以上を保つ必要があります。
扱いやすさと引き換えにぬるい特性になっているエンジンとは異なり、スロットルワークとシフト、クラッチ操作を連携させパワーを引き出して走る面白さを感じれるのが魅力です。ただ低中回転域も思いのほかフレキシブルでコミューター適性はある程度ありますが、やはり7000~11000回転あたりでガンガン回してパワーエンドを実感しながら走るのがこのモデルの特徴です。
ハンドリングは爽快なエンジンとは対照的にどちらと言えば安定志向で、アジア圏での路面状況も考慮された味付けかもしれません。
ギャップ通過時の衝撃吸収性が高く、寝かし始めからフルバンクまでの旋回性も一定しているので安心してコーナーリングが可能です。また前後ブレーキ効力のバランスも良く標準装備のABSの介入タイミング違和感がありません。
走る楽しさを凝縮した本格的なスポーティモデルとなっています。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
スポーツバイク入門に向いている
カスタム性が高い

短所)
コミューター適性は低い

まとめ
SUZUKI GSX-S125 ABSはスポーツバイク入門に向いていす!
本格的なスポーツバイクを探している人は是非こちらを!

 

原付2種車種別解説講座

★戦うDNAを受け継ぐ生粋のスーパースポーツ★
株式会社スズキ二輪HPより

メーカー名 SUZUKI
全長×全幅×全高 2000×700×1070mm
ホイールベース/地上高 1300mm/160mm
シート高 785mm
車両重量 134kg
エンジン形式 水冷4スト単気筒DOHC4バルブ
総排気量 124cc
ボア×ストローク 62×41.2mm
圧縮比 11.0
最高出力 15PS/10000rpm
最大トルク 1.1kg-m/8000rpm
燃料供給方式 F1
最大燃料タンク容量 11.0L
キャスター角/トレール 25.2度/93.3mm
変速形式 6速リターン
ブレーキ形式 前・後 シングルディスク・シングルディスク
タイヤサイズ 前・後 90/80-17・130/70-17
メーカー希望価格 386,640円

125ccスクーター全盛の時代において本格的なオートバイのルックスやマニュアルミッション操作の楽しさを感じる人は多く、アジア諸国で人気のある同モデルを国内にも導入しました。このクラスは貴重な前後17インチホイール装着のフルサイズロードスポーツとして好調なセールスを記録しています。125ccモデルとして設計されているので、車体はスリムでコンパクト。足付き性が良く押し歩きも軽いので、ビギナーや小柄なライダーでも不安なく安心して使えます。
GSX-Rシリーズの一員らしくテク目のセパレートハンドルを装備してますが、グリップ位置が体に近いので上体の前傾度はさほど深くならずシートを前よりに座れば肩や腕への負担が減ってロングツーリングでも負担になりづらいです。
ストリートユースの様な使い方も可能ですが、乗りやすいだけの退屈なオートバイではなく、水冷DOHC4バルブ単気筒という凝ったメカニズムのエンジンは回転上昇が実に軽やかで6速ミッションとの相性も抜群です。7000回転から盛り上がるパワーは12000回転までの広いレンジでスロットルワークに忠実に反応しレッドゾーン近辺でも単気筒エンジンに多い重ったるさはありません。
臨機応変なギア選択と的確なスロットル/クラッチワークで15馬力をフルに引きだす走りは有り余るパワーを使う大排気量とは違う面白さがあります。
ハンドリングも軽快だけではなくGSX-Sよりも低いハンドルによってフロント荷重が増え手ごたえが自然で寝かし込んだ瞬間の旋回力と深いバンク角での接地感が高まりタイヤのグリップ限界が掴みやすいです。
攻め込んでいくとサスペンションの減衰力不足からピッチングモーションが大きく出て落ち着きが薄れるが、市街地での乗り心地を考えれば現実的なセッティングとなっています。
このモデルは街乗りやショートツーリングに用いられる事が多いですが、前後サスペンションを硬めにセットしてグリップ力の高いタイヤを履かせてスポーツライディング入門用バイクとして使うのも面白いモデルです。

個人的総合評価は★★★★☆

長所)
スポーツバイク入門に向いている
カスタム性が高い

短所)
コミューター適性は低い

まとめ
SUZUKI GSX-R125 ABSはスポーツバイク入門に向いていす!
本格的なスポーツバイクを探している人は是非こちらを!

 

原付2種車種別解説講座

★毎日の生活を支えるスタイリッシュスクーター★

株式会社スズキ二輪HPより

メーカー名 SUZUKI
全長×全幅×全高 1900×685×1135mm
ホイールベース 1285mm
シート高 745mm
車両重量 109kg
エンジン形式 水冷4ストOHC4バルブ単気筒
総排気量 124cc
ボア×ストローク 52.5×57.4mm
圧縮比 10.3
最高出力 9.4PS/7000rpm
最大トルク 1.0kg-m/6000rpm
燃料供給方式 F1
最大燃料タンク容量 5.5L
キャスター角/トレール 27度/92mm
変速形式 Vベルト無段変速
ブレーキ形式 前・後 ディスク・ドラム
タイヤサイズ 前・後 90/90-12・100/90-10
メーカー希望価格 221,400円

アドレスシリーズはスズキのスクーターの中でも小型軽量を売りにする人気ブランドで、特に2スト50ccの初代アドレス・2スト100ccのアドレスV100は鋭いダッシュ力と俊敏なフットワークで「通勤快速」呼ばれ絶大な人気を得てきました。その中完全新設計で最新の規制に対応し快適性も向上させた新型がアドレス125です。一般的なアドレスのイメージはチョコマカ走るのは得意だが、落ち着きに欠けるという所でしたが、今モデルはそういう路線とは一線を画しています。
車体サイズはV125よりも一回り大きくなり、飽きの来ない落ち着いたデザインを採用しており、特に目新しい訳ではないですが、HONDAのリード125やヤマハのアクシスZといったライバルと同等のゆとりある存在感が漂っています。ライディングポジションはフラットなシート形状による着座位置の自由度の高さと広々としたフロアボードで余裕たっぷりです。大柄なライダーでも窮屈さは感じないのは、3人乗り・4人乗りといったアジア諸国での使われ方も想定されていると思われます。
エンジンはSEP(スズキ・エコ・パフォーマンス)と呼称される完全新設計の空冷125ccで「エコ」が付くと大人しいパワー特性を想像しますが、このエンジンは燃焼効率の向上とフリクションロス(摩擦抵抗)の低減を追及した結果で、ドライバビリティの低下はまったく感じられないです。
比較的低い回転から遠心クラッチが繋がって穏やかに動き出し全開加速では5000回転台を使って気持ちよく加速し、ゼロ発進から60km/hあたりまでは実にスムーズな加速感ですが、実際にはV125より速いと思われます。つまりエンジン特性とオートマチックトランスミッションの設定が絶妙である証です。12インチのフロントホイールと長めのホイールベースで安定性もまずまず。前後のサスはアドレスシリーズには珍しくソフトなせってkリングでストローク感があるがダンピングもしっかり効いているし、フルブレーキング時の挙動も穏やかになっています。
安定指向のハンドリング・ゆったりとしたライディングポジション・優しいフィーリングとなっていますが、実は力強いエンジン特性と合わせ、従来のアドレスとは番う上質な乗り味を楽しめます。
逆に言えばアドレスっぽさは薄れてきましたが、快適性を求めるのであれば現モデルの方が疲れない。実用的な装備の充実を図りながら実現した価格設定も評価したいモデルです。

個人的総合評価は★★★☆☆

長所)
価格がお手頃
快適装備が程よくついている

短所)
前モデルほどの加速性能は得られない

まとめ
SUZUKI ADDRESS125はお手頃な価格のスクーター!
通勤通学にスクーターを探している人は是非こちらを!

初心者に優しい原付2種講座

★原付2種のメーカーについて★

原付2種のメーカーは国内外でざっと20以上のメーカーがあります。

その中でも代表的な国内外のおススメメーカー8社をご紹介していきます

Honda(ホンダ)
 日本が誇る世界的なバイクメーカーさんですね。いまさら解説するまでも無いですが、原付2種の世界においてもガリバー的存在です。スクータータイプから本格的なロードバイクやオフロードバイクまであらゆる車種を取り揃えています。またHondaの代名詞的な存在であるカブにも125ccのラインナップがあり、とても人気を博しています。まず原付2種を購入する際には必ず検討するメーカーに入れておくべきです。

YAMANA(ヤマハ)
日本では楽器のイメージも強いですが、バイクも世界的に有名です。Hondaと同様にフルラインナップでバイクを世界的に展開しています。原付2種においてもHondaと双璧をなすライバルと言っていい存在です。特に3輪の原付2種バイクをリリースするなど市場開拓にも意欲的なメーカーです。Hondaと共に国内での原付2種選びには欠かせないメーカーでもあります。

SUSUKI(スズキ)
Honda・YAMAHAと国内3強の一角を占めるメーカーさんです。2社と比べると若干ラインナップは落ちますが、それでも個性的なバイクが沢山存在します。原付2種においては通勤快速と呼ばれるような小型の快速スクーターが有名です。

Piaggio(ピアッジオ)
Piaggioと聞いてすぐにピンと来る人はバイク通です。一般に原付の世界ではベスパというスクーターブランドの商品を展開しているイタリアのメーカーです。Piaggioは知らなくてもベスパの名前は聞いたことがある人はいると思います。車でいうならminiの様な存在ですね。原付2種においてはPiaggio自体のブランドでもリリースされていますが、やはりベスパブランドの原付2種の方がラインナップも豊富です。また日本国内おいてもかなりの流通量があり、独特にフォルムデザインから人気が高いです。

Peugeot(プジョー)
プジョーと言えフランスの車メーカーのイメージが強いですが、バイクも生産販売しているメーカーです。また原付2種の世界でもフランスの香りのする個性的な車種を展開しています。人とはちょっと違う個性を出したい人はぜひ検討したいメーカーの一つになります。

KYMCO(キムコ)
KYMCOさんは台湾ナンバーワンのバイクメーカーです。実に台湾国内でのシェアが40%を超えています。Hondaからの技術協力を得て大きくなったメーカーさんなので、技術的な裏付けは問題ありません。台湾メーカーらしく刺激的なデザインが特徴です。原付2種の世界でもすくスクータータイプを中心に展開しています。特に欧州では各国でシェアトップを取っています。
また日本国内においても直接参入しなおし販売強化中ですので、今後ますます国内でも見られていくと思います。

SYM(エス・ワイ・エム)
SYMさんも台湾メーカーです。SYMさんはHondaの技術協力を得て大きくなったメーカーさんです。
豊富な車種展開をしており、日本国内でも近年代理店の再構築がなされ販売にも力を入れてきています。

PGO(ピージーオー)
PGOさんも台湾のメーカーです。他の台湾2社とは異なりピアッジオさんから技術協力を得て大きくなったメーカーです。そんな経緯から小型スクーターにはどこかベスパを感じさせるモデルも多数存在します。台湾2社よりも規模は劣りますが、一部のマニアからの指示は根強いメーカーです。

以上、みなさんいかがでしたか?

まとめ
安定の日本メーカー
個性的なデザインのヨーロッパメーカー
リーズナブルで刺激的なデザインの台湾メーカー

それぞれの特徴をつかんで、皆さんの原付2種ライフをより楽しんでください!!

是非みなさん参考にしてくださいね!!