原付2種雑学講座

【原付2種雑学講座】原付2種のABSってどんな装備?編

★原付2種とABSについて★ 原付2種のABSは2015年1月(2018年1月~適用)に「道路運送車両の保安基準」等を改正し、二輪車の制動装置について「先進制動システムの装備を義務付ける事にに始まります。この時二輪自動車(排気量125cc超)には、一定の技術的要件に適合したABSが必ず装備されなければならない。また、原付二種(同50cc超~125cc)には、同じく技術的要件に適合したABSまたはCBSが必ず装備されなければならないこととなりました。なお、原付一種(同50cc 以下)は適用外となりました。 そして2018年1月からABS義務化が原付二種(51~125cc)や軽二輪(126~250cc)、小型二輪(251cc以上)で運用となりました。現在販売されている原付2種の新車に関してはABSもしくはCBSが装着されている事になります。次にABSとCBSのそれぞれの特徴について纏めてみました。
初心者に優しい原付2種講座

【初心者に優しい原付2種講座】原付2種で走れる有料道路は?編

★原付2種と有料道路の走行について★ 一般的に緑の道路標識の高速道路は原付&原付二種、自転車、歩行者は通行できません。 そんな高速道路ではなく見晴らしの良い山岳観光道路の中で高速道路ではない有料道路がある場合がありますよね。また大きな国道でも高架道路(バイパス)でもいきなり「原付不可(=125cc以下進入禁止)」が現れて、ピンクや黄色ナンバーのバイクが排除されたりします。山岳の観光道路でそれをやられると「下道」もないので自転車やミニバイクは観光地に到着することもできません。調べてみると「一般自動車道」という区分の道路が自転車・原付二種(124cc以下)が走れない道路でしたというケースが多々あります。 今回は原付2種でも走行可能な有料道路を↓に纏めました。
原付2種車種別解説講座

【原付2種車種別解説講座】HONDA GROM

グロムは最近の原付2種でのスクーターが主流の中貴重なラインディング技術を習得できるエントリークラスのバイクです。スロットワークに加え、クラッチとシフト操作を連携させ、回転数によって変わるエンジンパワーを状況に応じて使うスポーツライディングが出来るのがグロムです。マニュアルクラッチと4速ミッションを備え、パワー特性は穏やかなので練習にはうってつけの特性を兼ね備えています。これはコミューターとしての乗り易さを求めた結果でもあります。
原付2種車種別解説講座

【原付2種車種別解説講座】HONDA MONKEY 125/ABS

モンキーは1967年に開発され、50年間も愛されるオートバイの世界でも稀有な存在です。独特のランディングポジションと走行特性で乗る人を笑顔にするし、オートバイに関心の薄い人でもその愛らしいデザインが多くの人を魅了しています。モンキーと言えば50CCという方も多く、125ccのモンキーはモンキーじゃない方という人もいましたが、世界的なミニマムトランスポーターとしての位置づけは125ccのモンキーであると言えます。
原付2種車種別解説講座

【原付2種車種別解説講座】HONDA SUPER CUB C125

1958年に登場し、半世紀以上愛された国民車といっていいバイクです。通勤通学の足から、ビジネスユースまで幅広く愛されてきました。その流れを受け継ぐ形で、2018年秋に発売となったのがSUPERCUB C125 です。ベースとなっているのは現行のSUPER CUB110ですが、外装パーツの多くは専用デザインされており、エレガントかつラグジュアリーな雰囲気を漂わせています。
原付2種車種別解説講座

【原付2種車種別解説講座】HONDA SUPER CUB 110 STREET

スーパーカブのユーザーは幅広く、ビジネスユーザー以外にもカスタムの素材として好まれたり、若者のライフスタイルの素材として愛されてきた長い歴史があります。 2018年にフルモデルチェンジを迎え、3代目が登場したスーパーカブ110。新たなパーソナルユースなどの昨今のそんなニーズに応えるべく登場したモデルが「ストリート」です。
初心者に優しい原付2種講座

【初心者に優しい原付2種講座】ナンバープレートの取得方法って?費用ゼロ??編

★原付2種のナンバープレート取得に付いて★ 原付2種は車検がありませんので、基本的に陸運局などに行く必要がありません。よって最寄りの市区町村役場へ行って手続きを完了できます。 ケースによって色んなパターンがありますので↓に纏めましたので、参考にしてください。 ●新車を販売店から購入した場合● 基本的に販売店から購入した場合には販売店がやってくれるケースがほとんどです ただし、経費として費用が発生するお店もありますので、そこは要確認です。 納車までに費用と書類を記入すればあとは販売店さんがやってくれますので簡単です!! ただまれにご自分で登録してくださいという販売店さんや費用を抑える為自分で登録をしてもいいよと言ってくれる販売店さんもありますので、その際はご自身でやって頂く必要があります。 その際に必要な書類は以下の通りです
原付2種雑学講座

【原付2種雑学講座】白い△マークっているの?編

★原付2種の白いマークについて★ 原付2種をよく見るとこんな感じでついてますね。。   原付1種と誤認されない様に区別する為のマークです。 後ろに付ける△は1辺6センチ・幅1センチの白い三角形であれば問題ないです。 先端も写真の様に付いてれば問題ありません。 結論から言えばこのマークは原付1種と2種の誤認を防ぐ為のマークです このマーク自体は義務ではなく、国土交通省の通達で誤認しない様にマーク付けてくださいねとお願いをした所から端を発します。なので、車の初心者マークの様に必ず張らないといけないという訳ではありません。 ただ、実際60km/h走行してたり、二段階右折した時に警察に原付1種と間違われて止められてしまうのを防ぐ為に張っている人は多いです。また法律で表記が義務付けられている道路交通法違反ではないので、(それに依存する減点や反則金はありません)、メーカーが自主的に表示しているマークです。そのため、国内メーカーから発売される原付二種車両にはマークが付いていますが、海外から輸入されている原付二種車両にはマークが付いていない車両もあります。しかし、原付一種と原付二種はナンバープレートの色が違うので、前から見て識別するためにフロントフェンダーに白線を入れるのは理解できますが、ナンバープレート下に三角マークを付けるのは何のためなんでしょうね?三角マークの有無よりもナンバープレートの色のほうが識別しやすいように思いますが…。そこはよく分かりませんが、やはり警察官の取り締まりに際し素早く認識確認したいという所が一番の理由だと思われますね。。 あとそれ以外でこのマークが無いと困るという方は考えてみましたがいませんので。。
原付2種雑学講座

【原付2種雑学講座】原付2種免許の歴史

自動車でも普及していたAT限定をバイクへも広げた免許制度で、現行制度となります。 ※近年のバイクの多様化に対応したカテゴリー分けとなっています。 ただ傾向としては大型になればなるほどAT限定は少なく、小型になればAT限定が多い傾向です そして原付二種(小型限定)にもAT限定のカテゴリーが設立されました。 これにより、各社スクータータイプの車種が多く発売される事となりました。 今後の焦点は原付と小型限定が統合されるっていう噂や憶測もあります 今後その動向がますます見放せなくなりますね。
原付2種雑学講座

【原付2種雑学講座】原付2種バイクの情報が手に入るYouTubeチャンネル編

原付2種バイクの情報を手に入れたい!今はいろんな情報源がありますが、情報を仕入れやすいのはYouTube。 動画だと分かりやすいですし、視覚的にバイクを理解することができます。 そこで、今回は原付2種バイクの情報を手に入れたい時に役立つ動画チャンネルをまとめました。
タイトルとURLをコピーしました